• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 『MIU404』ヒットを下支えする麻生久美子 主演を引き立たせる女優歴25年の凄み

『MIU404』ヒットを下支えする麻生久美子 主演を引き立たせる女優歴25年の凄み

  • 『MIU404』に出演する麻生久美子 (C)TBS

    『MIU404』に出演する麻生久美子 (C)TBS

 女優歴25周年を迎えた麻生久美子。今期ドラマのなかでもストーリー性とキャスト陣の好演で高い評価を得ている『MIU404』(TBS系)でも好演中だ。男たちのバディドラマだが、その中で彼女が紅一点の華として存在感をいかんなく発揮。申し分のない演技力と自然体の色香を漂わせながら、性別を超越する人間的な魅力が、本作の好調な満足度、話題性の高さに起因しているようだ。

『半沢直樹』は大衆を、『MIU404』はコアファンを魅了…麻生久美子の存在感がキーに

 今期ドラマでは日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)が視聴率で抜きんでている。放送開始から6週連続で視聴率は20%超えを記録。放送のたびにSNSやネットニュースは同作の話題であふれる。そうしたなか、同作に勝るとも劣らない支持を得ているのが『MIU404』だ。ドラマ視聴者の満足度を調査したオリコンの「ドラマ満足度ランキング」では、2作ともに満点を獲得し、1位タイを記録している。

 『半沢』は前作の話題性の高さから広く一般層の注目を集めているのに対して、『MIU404』はコアなドラマファンの熱い支持を受けていることが特徴的だ。オリコンの視聴者アンケートには「主人公の上司役の麻生久美子さんの凛とした姿が印象的」(女性50代・埼玉)、「主要キャストの意味ありげな人間模様がおもしろい。コメディでない麻生久美子さんが意外にはまっている」(男性50代・東京)など、むさくるしい男たちのなかで紅一点の印象的な存在となっている麻生の存在感を挙げる声が目立つ。

視聴者に“内輪感”を感じさせない、麻生の一歩引いた演技とにじみ出る艶っぽさ

『MIU404』は、綾野剛、星野源、菅田将暉、麻生といった人気と実力を兼ね備える油の乗った中堅キャストが集結していることに加え、野木亜紀子氏の脚本による、社会問題をえぐるように切り取り、ひりつくような登場人物たちの人間ドラマを描く作品性が高い評価を集めている。

 その中で麻生が演じるのは、男社会の部隊をまとめる「機動捜査隊」初の女性リーダー。強烈な個性を放つ綾野と星野に対し、華やかさとキビキビとした物言いで主演2人を鼓舞している。麻生は現場には出動せず、本部から男性隊員8人を見守る役柄。自身の存在を際立たせつつ、対照的な主人公たちのキャラクター性をくっきりと浮かび上がらせる。まさに主演をもり立てる役割としての機能を果たしており、そこには、麻生が醸し出す彼女ならではのにじみ出る艷っぽさも作用している。

 また、本作における麻生の存在は、視聴者側にとって別の役割もある。脚本、プロデュース、演出、主題歌が『アンナチュラル』チーム、キャストは『コウノドリ』(TBS系)チームで制作される本作において、どちらにも属さない異分子として存在することでドラマのカラーを偏らせることなく中和し、視聴者がその一歩引いた演技から“内輪感”を感じずにいられるのだ。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索