• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ビジネス
  • 【高橋ダン】「世界恐慌以来の危機」はホント? GDP数値よりも大切な指標とは?

【高橋ダン】「世界恐慌以来の危機」はホント? GDP数値よりも大切な指標とは?

「世界大恐慌以来、最悪の景気に…」のウソが“PMI”数値から見て取れる

 今回は、世界中の多くの人が勘違いしているであろう、経済の“指数”についてお話していきたいと思います。結論から言いますと、今後発表されるコロナ禍での4〜6月期の世界各国のGDPの低下についての予想、これを皆さんは、必要以上に恐れる必要はありません。

 それはなぜか? 今から講じていきたいと思います。

 コロナ禍で、多くのネガティブなニュースが世間に流れたのは皆さんも御存知の通り。最もインパクトがあったのは「GDPが世界大恐慌以来最悪の低数値をつけるだろう」という予想です。GDP=国内総生産の伸び率が経済成長率に値するわけですから、これはとても恐ろしい言葉です。

 しかし実はGDP以外に、私たちが見るべき“指数”が別にあるのです。それはPMI。「購買担当者景気指数」と呼ばれるものです。じゃあPMIって何?具体的にどういうものなのか?

 PMIを端的に換言するならば、経済の“世論調査”のようなものです。ISM(米国供給管理協会)が毎月公表している「景気感」をとらえる指標です。日本でも約400社にこの世論調査を行っており、今の景気をどう思っているのか、会社自体がどのような状況なのか、注文指数や在庫、現在の売り上げなどのカテゴリーでレーティング(評価を数値化)しています。

ジャンルは製造業と非製造業(サービス)の2つ。これを毎月行っているわけですから、4〜6月期と一年を四期に分けて出すGDPよりも月ごとの細かい数値の“今”が分かるわけですね。先進国のほとんどがこれを発表している。ではPMIは現在、どうなっているのか?

【高橋ダンからの提言】メディアに騙されるな!経済への不安と株式市場の動向は全く違うんだ!!

コロナバブルに浮かれるな! その後に起こりうる危機とは?

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索