• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ばあさんを壁ドンする”老夫婦マンガ”に王道ラブ、「おじいちゃんイケメンすぎる」

ばあさんを壁ドンする”老夫婦マンガ”に王道ラブ、「おじいちゃんイケメンすぎる」

次へ
  • 『困ったじいさん』(C) Shinichiro Ooe / LINE

    『困ったじいさん』(C) Shinichiro Ooe / LINE

 老夫婦の日常を描く漫画と思いきや、おじいさんの行動が「イケメンすぎる」あまり、少女漫画の様な世界に突入する『困ったじいさん』と王道恋愛マンガ『嘘には恋がいる』に「吹いたけど、ときめいた」など、多くの人が「キュン死」している。1本目『困ったじいさん』は老人夫婦の日常を描いた作品だが、とぼけたおじいさんとおばあさんが、少女漫画のような世界を醸し出すストーリー。BS日テレで放映中の1分アニメも好評で、今や強力コンテンツとなっている。作者の大江しんいちろうさんに話を聞いた。

イケメンで殺し文句を発するじいさんに、キュンとトキメクばあさん

 2018年11月22日(いい夫婦の日)、作者の大江しんいちろうさんが『困ったじいさん』をTwitterで投稿。そこで約13万(※2019年12月時点)の“いいね”がついて一気に話題になり、LINEマンガで本連載化。SNSには「笑ったwwwおじいちゃんイケメンやわw」「斬新な切り口!胸キュン老夫婦。」「3ページでキュンとしたの初めてじゃ」「下手な乙女ゲームよりトキめく」などの反響が寄せられている。

 「Twitterでカップルが出てくる恋愛もののショートマンガを見て、自分も描きたいと思ったのがきっかけです。その中で、少女漫画のようなやりとりをおじいさんおばあさんでやったら面白いかなと思って描いてみました」(大江さん)

 このシリーズで最初に思いついたのは、『メシ』の話。食卓にいるおじいさんがおばあさんに「メシはまだかの」と尋ねる。もの忘れをしたかのかと心配するおばあさんに、少女漫画のような返答で、おばあさんを“胸キュン”でときめかせるーーというまさかの展開になっている。

 「最初は、1話だけのつもりでした。『メシ』の話をTwitterに投稿してみたら、いきなり今までにない位の反応をいただけたので、続けてみようと思いました。おじいさんが「ふすまドン」をする『虎造』や『外食』『七草がゆ』も気に入っています」

 決めゼリフを言うとき、じいさんはキリッとした顔のイケメンになる。じいさんをイケメンに魅せる秘訣を聞くと「じいさんだけじゃなく、たまにはばあさんからも仕掛けたりして、二人とも楽しんでいるように描けたらと思っています。あとは、じいさんをカッコよく見せるというより、相手が喜ぶようなことをするじいさんを描こうと考えています」

SNSで13万リツイートを記録 「メシ」の話

漫画の続きはこちらから。2コマ漫画『困ったじいさん』

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索