• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 春風亭昇太が見た“リモート大喜利”の裏側「おじいちゃんから芸人に変わる瞬間」

春風亭昇太が見た“リモート大喜利”の裏側「おじいちゃんから芸人に変わる瞬間」

 演芸番組『笑点』(日本テレビ系)では新型コロナウイルスの影響により、先ごろ史上初となる“リモート大喜利”が行われた。出演したのは司会の春風亭昇太に加え林家木久扇、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、三遊亭円楽、林家たい平、林家三平とお馴染みのメンバー。リモート大喜利では小遊三の奥さんと猫が登場したり、三平が席を外している間に次のお題に移行したりとハプニングが続出。ネットでは “リモート大喜利”は概ね好評で、お茶の間にも受け入れられたようだ。司会の春風亭昇太に“リモート大喜利”の裏側を聞いた。

無観客収録からリモート収録への移行に「とうとうきたか!って感じでしたね」

 『笑点』といえば、後楽園ホールもしくは年に数回行われる地方公演により、お客さんの前でやることが常。だが、5月10日までは無観客の大喜利を放送。そして17日放送で初の“リモート収録”に踏み切り、24日、いよいよ“リモート大喜利”に踏み込んだ経緯がある。初めてリモート大喜利をやると聞いたとき昇太は「このご時世なので、そんなこともあるかもしれないなぁと思っていたんですけど、とうとうきたか!って感じでしたね」と振り返る。

 そして実際に収録してみると「みなさん、セッティングが大変そうでした」という。司会を務める昇太だけはスタジオに入り、回答者の師匠たちは自宅からのリモート収録。「いつまでたっても始まらないんですよ(笑)。せ〜ので始めようと思っても、誰かが席を立ってしまっていたり。もうおじいちゃんたちとリモートやるのは大変でした」と苦笑い。

林家三平(左)の動かなさに、「画像が固まってしまったかな」とヒヤヒヤ(C)日本テレビ

林家三平(左)の動かなさに、「画像が固まってしまったかな」とヒヤヒヤ(C)日本テレビ

 だが、オンラインツールを使うと、どうしても話し手と聞き手には微妙な時間のズレが出てしまう。これについて昇太は「相手が言ったことに対しすぐ反応したいんですけど、しゃべり終わっているのかどうか生じゃないから分かりにくいんですよね。そういうもどかしさはありました。でも、それも含めて新鮮で楽しかったです。みなさんも意外と面白がってやっていましたから」と収録自体は楽しんでいたことがうかがえる。

 一方で「三平くん以外のみなさんは、絶えず微妙に動いているんですよ。だから繋がっているって分かるんですが、三平くんだけは動かなくて。途中、画像が固まってしまったかなって思ったりしました(笑)。三平くんはもうちょっと動いて欲しかったです」と笑う。また「みなさん、いつもより積極的に手を挙げてくれましたね。妙な責任感みたいなものが生まれているんでしょうか。指す人を選ぶのが大変だったぐらいで。普段からこれぐらい手を挙げてくれればいいんですけど(笑)」とリモート収録での意外な利点も上げた。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索