• ホーム
  • 音楽
  • JASRAC新体制発足 楽器教室21事業者36施設との契約を報告

日本音楽著作権協会(JASRAC)は7月10日、新役員就任に伴う新体制発足会見を開催した。3月の会長選挙で再選され、4月1日付で就任していたいではく会長と、6月27日に開催した定時社員総会ならびに理事会、監事会の決議により再任した浅石道夫理事長は、ともに2期目に入る。

会見の冒頭であいさつに立ったいではく会長は、2年前に会長に就任した当初、全国の支部をまわり、JASRACの役所的という世間的な印象の払拭を職員に伝えてきたことを振り返りながら、「JASRACの仕事を世間的にわかり...

この記事の画像

  • JASRAC新体制発足会見に出席。ともに2期目となるいではく会長(左)と浅石道夫理事長
  • re_DSC_0266

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年7月16日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年7月16日号

<COVER STORY>
小池英彦氏(フジパシフィックミュージック 代表取締役社長)
「富士山」「太平洋」という名を冠する会社として
世界市場につながる布石を着実に打っていく

<SPECIAL ISSUE 1>
動画配信サービス動向調査2018
利用者と非利用者から探る映像コンテンツとの関わり方

<SPECIAL ISSUE 2>
月間マーケットレポート 18年6月度

お問い合わせ

オリコントピックス