【upcoming】福岡発アイドル・ばってん少女隊など 7/1付週間ランキング『コンフィデンス』編集部ピックアップ6作

 最新7/1付オリコン週間ランキングから、CDセールスやデジタル配信で注目すべきチャートアクションを見せた作品を、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』編集部のメンバー6名が独自の目線でピックアップ。これから注目すべきアーティスト、話題作の動向を紹介する。

Mr.FanTastiC「絶走」/シングル58位

疾走する新鋭バンド
 ファンタスティック・ロックバンドを謳う男性4人組、Mr.FanTastiCが6月19日にメジャーデビューシングル「絶走」&アルバム『START DASH TURBO』を同時リリース。シングル58位、アルバム55位と共にTOP100入りを果たし、まずは結果を残した。疾走感あふれるメロディーに乗せて強い意志が込められた歌詞を放つシングル。ときに激しく、ときにメロディックに音と空間を巧みに操るファンタスティック・ロックを聴かせるアルバム。メジャーシーンへの宣戦布告とも言えるリリース展開で、彼らの全力疾走のロックをシーンに響かせた。

ばってん少女隊『BGM』/アルバム8位

福岡発アイドル、新規ファンを誘う1枚
 スターダストプロモーション福岡営業所の所属メンバーで結成された6人組アイドル・ばってん少女隊の2ndアルバム『BGM』が、週間アルバムランキング8位に初登場。アルバム初のTOP10入りを果たした。ロックやスカ、パンク、ポップスなど、多様な音楽ジャンルを盛り込んだ楽曲群、ダンス等のパフォーマンスが魅力の彼女たち。いわゆるアイドル好きだけでなく、音楽ファンを巻き込んでいく技量は年々パワーアップしている。本作にもKEYTALKの小野武正、the HIATUSのmasasucksらが参加した「BDM」など、彩り豊かな全12曲を収録。新規ファンを誘う1枚となっている。

a crowd of rebellion『Black_24:』/アルバム22位

新潟発のスクリーモ・バンド
 週間アルバムランキング35位にランクインしたKaedeが所属するNegicco、Hilcrhymeなど近年、音楽ランキングを賑わす新潟発のアーティストがグッと増えた。アルバム22位に『Black_24:』がランクインしたa crowd of rebellionも、そんな新潟発の1組。2007年に新潟市で結成。スクリーモ・バンドとしてライブで着実に動員を伸ばし、15年にメジャーデビューした注目のバンドだ。最新作のリード曲「Dystopia」は、彼ららしいエモさと激しさを壮大なバラードで表現。ハイトーンとロートーン、好対照なツインボーカルが織り成すハーモニーも美しい。

Kaede『深夜。あなたは今日を振り返り、また新しい朝だね。』/アルバム35位

Negicco・Kaedeの爽やかな挑戦
 本年4月よりソロ活動をスタートさせたNegiccoメンバー・Kaedeのミニアルバム『深夜。あなたは今日を振り返り、また新しい朝だね。』が、週間アルバムランキング35位にランクインした。制作陣には、曽我部恵一、台風クラブ、山崎ゆかり(空気公団)らが参加。Kaedeの軽やかな歌声にピッタリな、全編を通じて爽やかなアルバムに仕上がっている。一聴して感じるのは語り掛けるように、丁寧に歌詞を紡いでいくボーカルの心地よさ。M5「カエデの遠距離恋愛」はそんな彼女の魅力が詰まった楽曲。メロディーと共にストーリーにも引き込まれていく。

ADAM at『トワイライトシンドローム』/アルバム49位

今の時代の空気が溢れた1枚
 fox capture planやH ZETTRIOなど、ジャズをベースにしたピアノインストゥルメンタルが一定の人気を得ているが、そうしたムーヴメントを引っ張る1人、ADAM atの4枚目のアルバムが週間アルバムランキング49位に登場。アジカンのドラマ―・伊地知潔や、メロディックパンクバンドSECRET 7 LINE、シルク・ド・ソレイユのバイオリニストたちが奏でる、ロックな演奏をバックに歌うヴォーカリストのようなピアノを聴かせる。なかには日本的なメロディ―の曲もあり、ADAM atらしい多彩なポップサウンドに魅了される1枚になっている。

Various Artists『NO MUSIC, NO LIFE.TOWER RECORDS 40th ANNIVERSARY』/アルバム79位

  • 『NO MUSIC, NO LIFE.TOWER RECORDS 40th ANNIVERSARY』

    『NO MUSIC, NO LIFE.TOWER RECORDS 40th ANNIVERSARY』

前世代にアプローチできる名曲揃い!
 タワーレコードの日本進出40周年を記念したコンピアルバム『NO MUSIC, NO LIFE.TOWER RECORDS 40th ANNIVERSARY』には、同社のバイヤーが時代やジャンルを超えて愛される40曲をセレクトしている。そのラインアップは実に絶妙で、今でも多くのアーティストがカバーする「好きにならずにいられない」から時代を追ってヒット曲を振り返ることができるし、日本主導でヒットした「宇宙のファンタジー」やCMでおなじみの「デイドリーム・ビリーバー」など、どの世代が聴いても心に響く名曲揃い。サム・スミス「ステイ・ウィズ・ミー」で締めくくる演出もさすが。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年10月14日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月14日号

<COVER STORY>
ヴィヴィアン・ルイット氏
(YouTube アーティストリレーションズ グローバル責任者)
ストリーミング時代、音楽は世界各地の視聴環境で
常に開放されていることが必要不可欠

<SPECIAL ISSUE>
スタジアム・アリーナ計画のキートリガーと危機管理の今
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.28

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索