• ホーム
  • 音楽
  • 足立佳奈にみるヒットの新方程式 アプリからアプリへ 歌詞が生んだ共感と共鳴

足立佳奈にみるヒットの新方程式 アプリからアプリへ 歌詞が生んだ共感と共鳴

 今年に入り、近年久しかった“ヒット曲”が相次いで登場し、音楽業界全体がにわかに活気づいてきている。それを象徴するのが倖田來未「め組のひと」やDA PUMP「U.S.A.」、そして足立佳奈「私今あなたに恋をしています」などだ。
各種SNSサービスで同時多発的に話題が発生
 これらの楽曲には、いくつかの共通した特徴がある。それは「同時多発的に話題が生まれる」という点と、「音楽がコミュニケーションツールとして積極的に利用されている」、「歌だけでなく、ダンスや歌詞、ファッションなどに対する共感・共鳴も一緒に伝播している」という点である。

 以前までのヒット曲では、ドラマ・映画などの主題歌や、CMタイアップ、ラジオでのヘビーローテーションのような、いわゆる“大きく仕掛ける”ことで、シャワー的に全国に情報を行き渡らせ、それを契機に曲がヒットしていくというものも多かった。

 しかし、現在ではスマホ内の音楽系アプリ、なかでもLINE MUSICやSpotifyなどといった聴き放題型の音楽ストリーミングサービスや、Tik Tokなどのショートムービーアプリ、Instagramのストーリーズなどでヒットの芽が生まれ、その後、各サービスの枠を超えて、楽曲が一気に広がり、ロングヒットしている。このように、小さなヒットの芽がアプリの枠を超えて広がり始めたときに、ヒット曲として定着していくのである。
『今日好きダンス』の投稿数は11万件超に
  • 足立佳奈「私今あなたに恋をしています」のジャケット写真

    足立佳奈「私今あなたに恋をしています」のジャケット写真

 その最新の好例が先に挙げた足立佳奈「私今あなたに恋をしています」だ。

 現在も、Tik Tok内では、同サービスで活躍する人気Tik Tokerたちがこぞって、「私今あなたに恋をしています」を使用した『今日好きダンス』を投稿。7月15日の楽曲配信開始後から1週間で約5.5万人がTik Tokに「今日好きダンス」動画を投稿するなど話題を集めている(現在投稿は11.6万件を超えている)。

足立佳奈「私今あなたに恋をしています」ミュージックビデオ

 きっかけとなったのは、AbemaTVで放送中の10代に人気の恋愛リアリティーショー『今日、好きになりました』(毎週月曜日22:00〜)。「私今あなたに恋をしています」は同番組のメインテーマとして7月9日から使用されており、「今日好きダンス」も番組の企画として生まれたものだ。これを番組キャストの高校生たちがTik Tokへ投稿したことで火が付き、これらの投稿が拡散していった。

AbemaTV『今日、好きになりました』は毎週月曜22:00より放送中

AbemaTV『今日、好きになりました』は毎週月曜22:00より放送中

AbemaTVからTik Tok、InstagramなどのSNS系アプリへ伝播
 その後、足立佳奈も出演しているTBS系ドラマ『チア★ダン』に出演する土屋太鳳・新木優子がInstagramに「今日好きダンス」を投稿すると、わずか2日で合計350万回再生を突破(現在では合計530万回)したことがWEBニュースなどで取り上げられると、Tik Tok内では人気Tik Tokerが次々と投稿(下表参照)。同サービス内での楽曲使用ランキングでは2位まで上昇し、投稿数も11.6万件を突破した。さらに、このムーブメントはLINE MUSIC、Spotifyなどの聴き放題サービスに飛び火。LINE MUSICのウィークリーランキング(7/18〜7/24)では5位を獲得した。

「今日好きダンス」を投稿する、人気Tik Toker上位10人

「今日好きダンス」を投稿するTik Tokerたち

 このように「私今あなたに恋をしています」は、インターネットテレビAbemaTVからTik Tok、InstagramなどのSNS系アプリへ伝播し、さらにLINE MUSIC、Spotifyなどの音楽配信アプリへ広がったことで、たった1ヶ月足らずで、ここまでのヒットへと成長したというわけだ。
歌詞への共感が後押しとなりSNSサービスを超えて拡散
 本誌『コンフィデンス』8/6号のインタビューに答えたLINE MUSIC取締役の高橋明彦氏は、「多くの若者は日常的に複数のSNSを利用しており、1つのSNSで発祥したヒットは、時差はあれど、すぐに他のSNSにシェアされます。とはいえ、各SNSはそれぞれ利用目的や特徴が違うため、完全にはユーザー層が重なっていない。だからこそ接触点も広がり、1つのSNSのバズでも止まることのないブームになりえるのだと思います。各サービスが共鳴し合い、バズが増幅されていくという流れ、つまり“ソーシャルレゾナンス”が現代の若年層におけるヒットの背景にあると考えています」とも現在のヒットを解説する。

 そして、「私今あなたに恋をしています」が、“ソーシャルレゾナンス”を生んだ、もっとも大きな要因は、若者たちから共感を集めている足立佳奈の歌詞だ。現在YouTubeに投稿されている本楽曲ミュージックビデオは60万回再生に迫る勢いで、実際、楽曲の評価自体も話題の広がりとともに伝わっており、TwitterやYouTubeのコメント欄では「今の気持ちにピッタリで涙が溢れてきます」「気持ちがわかる!やばい泣ける」「私がモデルになった歌かと思った」「昨日振られた〜 この曲聞いて涙が止まらない」など、恋をしている人を中心に歌詞へ共感するコメントが数多く投稿されている。

 AbemaTVもTik TokもInstagramも、高橋氏が指摘するように、それぞれが少しずつ異なるユーザーを持っており、サービス内でのブームやユーザーの嗜好性も当然、異なる。にもかかわらず、「私今あなたに恋をしています」は今まさに、ある種“現象”となって広がっている。それは一見、「今日好きダンス」が広がっているようにも見えるが、実は広がっているのは「今日好きダンス」ではなく、“歌詞への共感”が、サービスを超えた“共鳴”を生んでいるのだ。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年10月15日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年10月15日号

<COVER STORY>
丸野孝允氏(エンズエンターテイメント代表取締役社長)
今はファン向けのサービスを充実させることが重要
顧客の層に合わせたきめ細かいサービスも不可欠

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート9月度
映像ソフトへの需要喚起がますますカギに

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!