• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • 制服ギャルの“私服バレ”に「温かい気持ちをもらった」と反響 「好きな気持ちを尊重する関係を描きたい」作者の想い

制服ギャルの“私服バレ”に「温かい気持ちをもらった」と反響 「好きな気持ちを尊重する関係を描きたい」作者の想い

 漫画家・岡野く仔さんがTwitterに投稿した「街で偶然会った友だちの私服が、それぞれ意外だった」の記事が、31万以上のいいねが付くなど話題を呼んでいる。学校ではギャルとして過ごす2人、ところが私服は着物とロリータだった、というギャップを描いた本作。友だちの“好き”な気持ちを認め合うその後の展開に、「理想の友だち!」といった反響の声が集まっている。ポップな絵柄とストーリーに、現代の高校生の繊細な人間関係も盛り込んだ本作。どんな想いを込めたのか、岡野さんに話を聞いた。

ロリータ&着物、真逆の趣味を認め合う友だち

──『着物ちゃんとロリータちゃん』と題したイラストが話題です。着想のきっかけは?

【岡野く仔】最初は、ギャルが私服でこっそり着物やロリータを着てたら…という、ギャップの面白さから絵を描いて投稿していました。その後、Twitterで反響を受けて、2人の設定やストーリーを深めていった感じです。とくに「高校でこんな友だちが欲しかった」というコメントには、私自身も共感しました。

──なぜモチーフを「着物」と「ロリータ」にしたのでしょうか?

【岡野く仔】実は私、2年ほど前から着物を普段着にしているんですが、着物人口が少ないんですよね。だから、「着物を着てお出かけしたいけど、周りの目が気になる」という方は多くて…、私も最初はそうでした。大人になっても人の目は気になりますが、学生の悩みはもっと深いですよね。学校という狭い世界で大半の時間を過ごしているわけですから。

──本作を描きながら、ご自身の学生時代を思い出されましたか?

【岡野く仔】中学の時にロリータに憧れて、こっそり通販で買ったことがあったんです。田舎町には売ってるお店がなかったし、買ったこともバレたくありませんでした。そういう格好をしていることが周りにバレたら、絶対に迫害されると思って、1人でこっそりお出かけしていました。

──バレたら迫害ですか…。ロリータ姿で外出したときのお気持ちは?

【岡野く仔】本当に決意がいることでした。外を歩いてても、誰かに見つかるんじゃないかとずっとドキドキして…。でも、ヒラヒラのスカートが視界に入るたびに、すごくうれしかったんです。「私、ロリータを着てるんだ!」って。そして、この気持ちを誰かと共有できたらもっとうれしいんだろうな、とも思ってました。

──ロリータ友だちはできなかったのですか?

【岡野く仔】うちは田舎ですし、当時はSNSなどもなかったので、ぜんぜん同じ趣味の子とは出会えなかったです。また、学校も同調圧力が強く、少しでも「右へならえ」ができない人間が排除される雰囲気がありました。私も学生時代は、ずっとオタク趣味を隠して過ごしていたんです。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索