ドラマ&映画 カテゴリ

SNSの一言に反応する“危うさ” 小栗旬×星野源が『罪の声』で伝えたいこと

 俳優の小栗旬(37)と星野源(39)が映画初共演する『罪の声』が、30日に公開を迎える。日本中を震撼させた未解決事件をモチーフに塩田武士氏が描いた原作を映像化した作品から、なにを伝えたいのか――。メガホンをとった土井裕泰監督、脚本を担当した野木亜紀子氏を交えて語ってもらった。

「見たことあるようだけどない」小栗旬と星野源の映画初共演

 『罪の声』はフィクションでありながら、塩田氏の綿密な取材と着想が織り混ぜられ、事件の真相と犯人像が“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティーにあふれた物語で話題に。小栗が昭和の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を基に取材を重ねる大日新聞の新聞記者・阿久津英士を、星野が京都で亡くなった父から受け継いだテーラーを営み、物語の発端となる子どもの声の脅迫テープが自分の声だと気がつく曽根俊也を演じている。

 数々の映画やドラマに出演している小栗と星野だが、今回が映画初共演となる。土井監督も「2人の組み合わせは見たことあるようだけどない。新鮮な感じがあるかな」と実力派俳優の組み合わせを喜ぶ。
 小栗は「自分が見ていた星野さんは飲みの席で会っているだけだったので、現場で星野さんを見るだけでも新しい発見でした」と撮影現場にたたずむ星野の姿を確認しただけでも、新鮮な気持ちを抱いたよう。対する星野も「飲んでいる小栗くんしか知らなかったので」と笑い「休憩時間にもずっと話していましたけど、思ったよりフラットな方でした。現場にそっといるし、役の臨み方、向き合い方も自然で」と明かす。
 土井監督は「ピッタリのキャスティングでした」と胸を張り、「星野さんは東京ドームでライブもする紛れもないポップスターではありますが、作る歌やお芝居、文章には常にリアルな生活者としての視点があり、俊也という役と合致しました。小栗さんも、エッジを効かせられない難しい役を繊細に丁寧に演じてくださった」と2人の自然体な演技が、新聞記者とテーラーの役柄にマッチしたという。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索