• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 外国人が“英語落語”に挑戦したワケ ブロードウェイ公演を機に「今だからこそ“本当の古典落語”を世界に」

外国人が“英語落語”に挑戦したワケ ブロードウェイ公演を機に「今だからこそ“本当の古典落語”を世界に」

(C)田村充

(C)田村充

 落語家・桂文枝の弟子で、カナダ出身の外国人落語家として活躍する桂三輝(サンシャイン)。ニューヨークを拠点に、13ヵ国のワールドツアーで“英語落語”を披露。オフブロードウェイ版トニー賞にもノミネートされベスト4に、日本でも落語で英語を学べる本の出版や、YouTubeチャンネルでのライブ配信など、さまざまな方法で落語の魅力を発信中だ。外出自粛が続く中、自宅から笑いを届け続ける彼に、落語に魅せられた理由と今後の展望を聞いた。

落語との出合いは日本の焼き鳥屋!? 好きなものが詰まった最高のショーに一目惚れ

――三輝さんは、もともとカナダで劇作家として活動されていたんですよね?

【桂三輝】そうですね。20代からミュージカルを作っていて、古典ギリシャが専門だったんです。ある時、“日本の能楽と歌舞伎は喜劇に似ている”という論文を読んで、1度観てみようと思って軽い気持ちで日本に来たんです。それから日本が好きになって、住むことになりました。

――では、落語に出合ったのはその後?

【桂三輝】大好きでよく通っていた焼き鳥屋さんのマスターが落語会をやっていて、毎月お店でお座敷に寄席を作っていたんです。「こんなに焼き鳥が好きだったら、日本文化の落語も好きなはず」と言われて聞いてみたら、ものすごくおもしろかった! 日本も古典も、笑いも好きだし、ドラマもあって、自分の好きなものが全部入っていて。一目惚れでしたね。

――分かりづらくなかったですか?

【桂三輝】もちろん分からない部分もありましたよ(笑)。でも、十分伝わったし、自分もやってみたいと思いました。知れば知るほどおもしろくて、落語の世界に入りたいと強く思うようになりました。

(C)田村充

(C)田村充

――その後、どうやって落語家になったのでしょうか?

【桂三輝】最初は、「落語家になりたいなら、まずは(桂)三枝会長(現・桂文枝)の落語を観たほうがいい」と勧められたんです。それで観に行ったら、もう大爆笑だったんですね。2度目の恋に落ちたような気持ちで最高でした。

――運命の恋ですね(笑)。

【桂三輝】本当に最高でした! 三枝師匠の落語をこのままアメリカやカナダでやったら大爆笑だろうなって、想像もできたんですよね。それで、その後師匠のストーカーのようになって、入れていただけることになったんです(笑)。

――三輝さんがおいくつの時でしょう?

【桂三輝】38歳でした。普通はそんなに年をとってる弟子は取らないんですよね。でも、師匠も「海外で落語を広めてくれたら」という私と同じ思いがあって。弟子にしていただいて、名前を頂いた日のことは今でも忘れられないです。

――“三輝”と書いて“サンシャイン”。

【桂三輝】世界中に通用する名前ですし、“お日様のように世界中の方々をあたたかく照らしてほしい”という愛情が込められていて、うれしかったですね。

――実際に落語の世界に入ってみて、何か感じたことはありますか?

【桂三輝】最初は大使館などで、日本文化のプレゼンテーションのような感じでやっていたのですが、どこにいってもウケるのでめちゃくちゃ可能性を感じました。もともとミュージカルの経験があったこともあって、落語をショービジネスとしてやりたいという思いが強くなっていきました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索