整形男子・アレンの目標は人造人間「施術はポジティブに。“負の整形”はしてはいけない」

1ページ目/全26ページ

次のページ

 “プチ整形“もすっかり浸透し、タレントも施術を公表するなど、市民権を得ている“整形”。昨今はスキンケアやメイクなど、美容に興味のある男性も増え、“女子力”なんて言葉も薄れつつある。そんな中、“整形男子”としてメディアに登場し活躍するタレント・アレンは、現在までに9500万円以上の整形費用をかけて美容整形を繰り返しているという。また、その費用や生活費は「自分で出さない」というのだから驚く。なぜ美容整形を続けるのか、また、どのようにして今の生活を手に入れたのかなどを聞いた。

モチベーションは好きなものに囲まれて生きること「価値を感じない服は、1500円でも高い」

 2014年に「謎の整形男子」としてタレント活動をスタートしたアレン。これまでに9500万円ほどかかった美容整形の費用も、年内で1憶円を突破する予定だという。

 「もともと肌はきれいだけど、ここ2年間くらいは肌の治療にも費やしてきました。こないだも30分で16万円ぐらいする、欧米で話題のエムスカルプトという部分痩せをやってきました。新しいものが大好きなので、目新しい美容法を見つけたらとりあえず挑戦しています」。

 “アレン信者”と呼ばれるアレンのファンの多くは美容オタクだという。「だからアレンはもっと美容に詳しくなくちゃ」そんな気負いも、新しいものへのチャレンジ精神につながっているという。

 「実は去年事務所を辞めて、それからキャラ変をしたの。その前はもっと破天荒でね。芸能人に歯向かったりして、嫌味で尖ったキャラクターだったし、視聴者を不快にさせることも多かったと思う。でも素に近いアレンを見せるようになってから、とっても“アレン信者”が増えたの。アレンのこと、すごく大事にしてくれるから、アレンもみんなのこと大事にしたい」。

 自分でプロデュースするようになってから、より充実したタレント活動ができているという。大好きなハイブランドに身を包んで、メイクもスタイリングも含め、頭の先からつま先まで自分プロデュースした“アレン”を見せることに喜びを感じているようだ。

 「好きなものに囲まれて生きることってモチベーションになるじゃない。ハイブランドの洋服って、細部までデザイナーのこだわりが感じられて、見ているだけでも楽しいの。だから10万円、20万円するカットソーでも高いと思わないけど、大量生産で売られているものは1500円でも高いって思っちゃう。そもそも価値を感じていないから買う気がしないし」。

目標は“生きる芸術”「主観での誉め言葉は、全然嬉しくない」

 「美容整形を始めたのは、学生時代のいじめなど、満足した友人関係を築けなかったことも原因のひとつ。もちろんキレイになりたい気持ちが一番だったんだけど、完璧な自分を手に入れることで、他人からつべこべ言われない自分を築きたかったの」。

 「今流行の芸能人みたいな顔になりたい!」と美容整形をする人もいるが、アレンは「カッコイイ」とか「カワイイ」には興味がない。世界中の人たちを引きつけてやまない美術品のような美しさを目指している。

 「アレン、整形前もイケメンだって言われてたんですよ。でもね、“イケメン”って主観じゃないですか? この人が思うイケメンはこう、あの人が思うイケメンはこうって、きっと100人いたら100通り出てきちゃうと思う。でも、絵画とか芸術品への“美しい”っていう評価は、国や性別を超えて、みんな意見が一致すると思いません? だから、目指しているのは“美しい”こと。イケメンとかかっこいいっていわれるのは、アレンにとっては誉め言葉ではないですね。生きる芸術品でありたい」。

 そうでないと美容整形する意味がないとも。人間の主観を排除して、彫刻のような“美”を追求することで、他人からの言葉が気にならなくなる。初めてメスを入れてから10年ほど経ち、「自分は美しい」と自信を持って言えるようにこのことがアレンを強くしたようだ。目指す姿がはっきりしているから、よりポジティブな自分になれているという。

 「整形している人の中にはね、自分の“目指す美”がブレたまま、なんとなく『今より可愛くなりたい』みたいな気持ちで施術している人も多いの。整形後、”目指す美“に近づいたはずなのに、人に何か言われたりして揺らぐのは、芯がないから。自分の美を本当に追求していたら、他人の意見なんて、どうでもいいもの。つらい思いをしながら整形を繰り返す人もいるけど、それは”負の美容整形“だと思う」

 他人から見て美しいではなく、自分から見て美しいことが大事だというアレン。最初に美容整形をしたときからその思いは変わらない。自身の生き方を通して、自信のない人や美容整形で悩んでいる人たちを励ましたいと、ファンとの交流イベント開催にも意欲的。ブレない信念や価値観を得られれば、今の自分にもっと自信を持てる人も増えると考えている。

次へ

1/26

あわせて読みたい

公式