嵐、旧譜オリジナルアルバム全16作品256曲のデジタル配信開始

 人気グループ・嵐がデビュー以来リリースしてきたオリジナルアルバム全16作品計256曲が、2月7日よりデジタル配信をスタートした。『ARASHI No.1 〜嵐は嵐を呼ぶ〜』(2001年1月24日発売/CD廃盤)から『untitled』(2017年10月18日発売)までのオリジナルアルバム全16タイトル通常盤の音源(ベストアルバムとサウンドトラックを除く)が、全世界で一挙に解禁。各配信サービスにて順次ダウンロードおよびストリーミングをスタートする。

いよいよアルバム音源の配信もスタート!

 嵐は、デビュー20周年記念日となった昨年11月3日、初のデジタルシングル「Turning Up」を配信リリースするとともに、同曲およびこれまでに発売した全シングル表題曲64曲を含めた全65曲のダウンロード/サブスクリプション型(定額制)ストリーミング配信をスタート。これにあわせて、ツイッター(@arashi5official)、Facebook(@arashi5official)、インスタグラム(@arashi_5_official)、TikTok(@arashi_5_official)、Weibo(@arashi_5)の公式アカウントを一斉開設し、SNS解禁したほか、YouTubeでも嵐の公式チャンネルをスタートした。

 この嵐のデジタル解禁は音楽シーンに大きなインパクトを与え、その後のオリコンデジタル(単曲)ランキングほか各配信サービスのランキングを嵐の楽曲が席巻。CDに加えてデジタルでの売上も大きく加算され、『第52回オリコン年間ランキング 2019』の「年間アーティスト別セールス部門」では、8度目の1位に輝くとともに、期間内総売上が200億円超えとなり、2001年以来18年ぶりの快挙となった。

 そんな彼らの昨年のシングル配信に続く今回の全アルバム配信は、再び大きな衝撃を起こすことだろう。今年前半の音楽シーンを大きくけん引していきそうだ。

>>嵐の全シングル表題曲64曲を含めた全65曲のダウンロードはこちら

プロフィール

嵐(アラシ) 大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤によるアイドルグループ。1999年、ハワイにてクルーズ客船でのデビュー会見で注目を浴び、シングル「A・RA・SHI」でメジャーデビュー。2009年『第60回 NHK紅白歌合戦』に初出場。同年、『第42回 オリコン年間ランキング2009』で、シングル、アルバム、DVD、アーティスト・トータルセールスでそれぞれ1位を獲得し、史上初の4冠を達成するなど、名実ともに国民的アイドルグループのひとつに成長。各メンバーがソロとしても、映画やドラマなどで主演を務めている。19年1月、2020年12月31日をもって活動休止することを発表。

プロフィールをもっと見る

提供元: コンフィデンス

あわせて読みたい

あなたにおすすめの記事