アニメ&ゲーム カテゴリ

「この数年で何があったの!?」あか抜けない浪人生から清楚なレースクイーンへの変化に驚愕の声

  • あへこさん

    あへこさん

 細部にまでこだわったハイレベルな写真がたびたびSNSで話題になるコスプレ。しかしその裏側には並々ならぬ日々の努力がある。そんな裏側の“ビフォー”と“アフター”を並べて掲載している投稿も、人気コンテンツのひとつとなっている。今回はそんな比較ツイートを楽しんでいたコスプレイヤー・あへこさんにインタビューを実施した。コスプレ活動に加え、レースクイーンとしても活躍中の彼女に、ツイートをした理由や容姿に対するこだわりなどを聞いた。

容姿をまったく気にしていなかった浪人時代からの変貌「ファンが減るのも覚悟の上でした」

――ビフォーアフターに注目が集まっていましたね。あへこさんが過去の“あか抜けていない姿”を晒されたのはなぜですか?

【あへこ】シンプルに「自分の変化の過程がおもしろい」と思ったので、それを大勢の方に見てもらいたかったんです。ファンの皆さんに楽しんでもらえることをしたいなと思って、気がついたら投稿していました。

――過去の写真はおいくつのときのものですか?

【あへこ】18歳のころです。暗黒の浪人時代ですね(笑)。

――昔の写真をアップされることに迷いはありませんでしたか?

【あへこ】もしかしたら、ファンの方たちが離れて行ってしまうかも…という不安もありましたが、「変貌ぶりで皆をびっくりさせたい」という気持ちの方が勝りました。

――このツイートに対して、ファンの方たちからはどういった反応があったのでしょう?

【あへこ】意外と高評価でしたね。おもしろがってくれる方が多くてホッとしました。このツイートで初めて私のことを知ってくださった方もいて、反応をいただけたときは嬉しかったです。「この数年で何があったんだ?」や、「本当に同一人物?」といったコメントもあって、私自身も楽しめました。学生時代の友だちからも「懐かしい!」というコメントがたくさん届きました。

――過去を知ることができ、親近感が湧いた人も多そうですね。あへこさん自身は当時の容姿について、何か思うところはありますか?

【あへこ】浪人時代だった…ということもあり、容姿はまったく気にしていなかったですね。とにかく外見には無頓着で、1年間に1回も美容院に行かなかったくらいです。2週間に1度は通っている今からすると、考えられないですね(笑)。

「好きなキャラクターに近づくために…」努力を支えるコスプレへの想い

あへこサークル!

あへこサークル!

――レースクイーンとしても活動されているんですよね。

【あへこ】そうです。コスプレ歴は13年ほどになるのですが、活動の中で「可愛い衣装を着て、写真を撮ってもらうこと」の楽しさがどんどん大きくなってしまって。それにぴったりな職業といえばレースクイーンしかない! と思い、この道に進むことを決めました。

――コスプレ活動で得た経験で、レースクイーンとしての仕事にも活かせていることはありますか? また、逆のパターンもありましたら教えていただきたいです。

【あへこ】レースクイーンのコスチュームは露出度高めのセクシーなものが多いんですけど、最初から抵抗なく着ることができたのは、コスプレで慣れていたからかもしれないです。逆に、レースクイーンの経験でコスプレに活かせていることとなると、やはりポージングですね。レッスンを受けて、立ち姿について一から勉強し直したことで、イベントや撮影会でもポーズを褒められるようになりました。

――容姿に無頓着だったあへこさんが、あか抜けることになったきっかけとは?

【あへこ】田舎から上京してきて、カルチャーショックを受けたのが最大の理由です。周りにいる子が全員、メチャクチャかわいくて、あか抜けていて。「私もそうなりたい!」と思って、いろんなジャンルの“可愛らしさ”を研究・実践してみました。個人的には派手系のファッションが好きなんですけど、あまり評判がよくなくて…。友だちから「清楚を極めた方が似合うよ」と言われてその方向に変えてみたら、投稿する写真に多くの“いいね”が付くようになりました。

――他にも美容面で、意識して取り組まれていることはありますか?

【あへこ】とにかく太らないように、スタイルを維持すること。それと、髪のお手入れにも気をつけています。

――スタイルの維持と一言で言っても、大変そうですよね。

【あへこ】「好きなキャラクターになりきるためには、まず、スタイルから近づけていかないと…」という思いがもともと強くあったので、コスプレ活動をしていることが精神的な強さを支えてくれています。コスプレイベントに参加するときは、1週間前から食事の量を減らして、身体を絞ったりしていました。

――「好きなキャラクターに近づくために…」という思いが支えてくれているのですね。

【あへこ】それともうひとつ、忘れられないコミックマーケットでの思い出があって…。関西在住だった当時、大阪のコスプレイベントに参加すると、どこにいっても列や囲みができていたので、「私って人気あるな」と自覚していたんです。ですが初めて挑んだコミケでは、さっぱりで。「囲みができるに違いない!」と、ドキドキしながら参加したのに…。

――今は大人気レイヤーなのに、そんな時期があったとは意外です!

【あへこ】そこで、「次に参加するときは、絶対に大勢の方に撮ってもらうぞ!」という意欲が湧いてきて。体づくりだけでなく、コスプレのクオリティアップにも、より一層励むようになりました。その甲斐あって、翌年のコミケでは大勢のカメラマンさんに写真を撮っていただけたので、あの経験が自分の糧になったのは間違いないです。世の中の状況が落ち着いて、またイベントが再開されるようになったら、コスプレを思いきり楽しみたいですね。

――コスプレイヤーとしても、レースクイーンとしても、ますますのご活躍を期待しています。それでは最後に今後の目標を教えてください。

【あへこ】SNSで有名になりたい…というのもありますが、コスプレはするだけでなく、衣装制作も醍醐味だと思っているので、そちらもがんばりたいですね。自分で作った衣装を着て、大勢の方に撮っていただけるというのは、とても幸せなことなので、これからもずっと続けて行きたいです。そしていつか、自分のブランドを立ち上げることが密かな目標です。これからもっとがんばって、活動の幅を広げていきますので、応援よろしくお願いします!

取材・文/ソムタム田井
あへこさん
Twitter:@ahekokoko0527

Instagram:@ahekokoko0527

TikTok:[[URL>https://www.tiktok.com/@ahekokoko0527">@ahekokoko0527

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索