• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

先ごろ発表された『オリコン上半期ランキング 2019』の「アーティスト別セールス」部門(※)で、期間内売上26.2億円を記録したクイーンが3位にランクインした。今をときめく、乃木坂46(1位/44.2億円)、King & Prince(2位/27.9億円)に次ぐこの順位は、快挙と言って過言ではないだろう。好セールスの要因はもちろん、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの生きざまを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットだ。その陰には、観客やファンの感動を呼び起こし、寄り添う、巧みなSNS展開があった。◆「胸アツ」をキーワードに、観た人が盛り上がれる場を提供

この記事の画像

  • 映画のヒットを起因に、クイーンブーム再来。『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』も好セールスを記録した
  • Twitterで盛り上がった「#細かすぎて伝わらないボヘミアンラプソディ好きなシーン」の投稿(抜すい)
  • Twitterで盛り上がった「#細かすぎて伝わらないボヘミアンラプソディ好きなシーン」の投稿(抜すい)
  • Twitterで盛り上がった「#細かすぎて伝わらないボヘミアンラプソディ好きなシーン」の投稿(抜すい)
  • Twitterで盛り上がった「#細かすぎて伝わらないボヘミアンラプソディ好きなシーン」の投稿(抜すい)
  • Twitterで盛り上がった「#細かすぎて伝わらないボヘミアンラプソディ好きなシーン」の投稿(抜すい)

提供元: CONFIDENCE


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索