• ホーム
  • 芸能
  • 『dele』第3話は昭和ノスタルジー漂う異色回に

『dele』第3話は昭和ノスタルジー漂う異色回に

俳優の山田孝之と菅田将暉がダブル主演する、「デジタル遺品」を題材にしたテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『dele』(毎週金曜 後11:45〜深0:45※一部地域を除く)。1話完結で紡がれる、依頼人の死とデジタル記録を巡るドラマの第3話(10日放送)は、映画『グラスホッパー』(2015年)を手がけた映画監督の瀧本智行氏と、『追憶』や日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した『あなたへ』を生んだ脚本家・青島武氏がタッグ。メインゲストに、余貴美子、さらに三島由紀夫賞や谷崎潤一郎賞も受賞したことのある文学者・高橋源一郎を迎え、大人の物語を展開していく。

依頼人の死後、不都合なデジタル記録を“内密に”抹...

この記事の画像

  • テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『dele』第3話(8月10日放送)より。依頼人の死後、不都合なデジタル記録を“内密に”抹消する仕事に勤しむ坂上圭司(山田孝之※奥)&真柴祐太郎(菅田将暉※手前)(C)テレビ朝日
  • ゲストの余貴美子(C)テレビ朝日
  • ゲストの高橋源一郎(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『dele』第3話(8月10日放送)より(C)テレビ朝日

オリコントピックス