• ホーム
  • 音楽
  • 総額210億円、名器「ストラディヴァリウス」一堂に “世界初”バイオリンの体験型フェス開催

総額210億円、名器「ストラディヴァリウス」一堂に “世界初”バイオリンの体験型フェス開催

300年以上にわたりバイオリンなど弦楽器の最高傑作として名高い「ストラディヴァリウス」が、アジアで初めて東京に集結する『東京ストラディヴァリウス フェスティバル 2018』が、今年7月から10月にかけて開催されることが決定し、11日に都内で記者会見が行われた。推定総額210億円、21挺のストラディヴァリウスが一堂に会し、“世界初”の試みとなる「体験型」クラシックフェスティバルの概要が発表された。

ストラディヴァリウスは約300年前、イタリア・クレモナの職人アントニオ・ストラディヴァリとその息子らによっ...

この記事の画像

  • (左から)東京藝術大学・澤和樹学長、フェスティバル実行委員長・中澤創太氏、「クレモナ市ヴァイオリン博物館」館長のパオロ・ボディーニ氏 (C)ORICON NewS inc.
  • フェスティバル実行委員長・中澤創太氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 東京藝術大学の澤和樹学長によるストラディヴァリウスの演奏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京ストラディヴァリウス フェスティバル 2018』記者発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス