• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 社会
  • コスモス薬品の「首都圏侵攻」で薬局戦国時代が始まる

コスモス薬品の「首都圏侵攻」で薬局戦国時代が始まる

イオンせんげん台店の真正面に広がるコスモス薬品の開発予定地(埼玉県越谷市) Photo by Takeshi Shigeishi

『週刊ダイヤモンド』9月14日号の第一特集は「薬局戦争」。今や6万店近くと、コンビニよりも多い薬局が転換期を迎えています。大手ドラッグストアチェーンの経営統合で、売上高1兆円の“メガ薬局”が初めて誕生したことで、本格的な薬局戦国時代に突入しようとしています。

ドラッグ業界の西の雄が
越谷で郊外大型店を計画

埼玉県越谷市の東武鉄道伊勢崎線せんげん台駅。改札を出て西へ延びるバス通りを10分ほど歩く。

3階建てのイオンせんげん台店に着くまでの間、通り沿いには大手ドラッグストアのカワチ薬品、富士薬品が展開するセイムスの他、複数の調剤薬局が軒を連ねていた。もちろんイオンの店内にも、イオン薬局が入居している。

そしてそのイオンとバス通りを挟んだちょうど真向かいに、サッカーコートの半分ほどの空き地がひろがっていた。標識によれば、敷地面積は3636平方メートル。10月1日に着工し、床面積1759平方メートルの鉄骨平屋建てを建築するとある。

開発者は、福岡市に本社を置くコスモス薬品――。ここはドラッグストア業界の西の雄、コスモス薬品が関東で初出店する郊外大型店の開発予定地なのだ。

この地は都市再生機構(UR)のパークタウン三番街の一角にあり、1980年代に開発された団地では住民の高齢化が進む。周辺にドラッグストアが林立するのは、こうした典型的な郊外住宅地の商圏を見込んでのことであろう。

「コスモス薬品は安売りの店ということで知っている。昔は田畑しかない地域だったが、商業施設が増えれば便利になる。オープンが楽しみだ」。イオンに毎週買い物に訪れるという70代の男性は、開発予定地を見つめながら、そう話した。

コスモス薬品のせんげん台店は、今年度中にオープンする予定だ。恐らくそれが、ドラッグストア業界における新たな“首都圏攻防戦” の号砲となる。...

提供元:ダイヤモンド・オンライン

オリコントピックス