• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム

3分でわかる!今週末のプロ野球『全カード』の見どころ

生観戦で楽しみたいプロ野球

スポーツの醍醐味はやっぱり生観戦。今回、ウォーカープラスでは、プロ野球に精通するライターの京都純典さんに、“簡単にわかる”今週末開催の全カードの見どころを聞いてみた。

■ 巨人 vsDeNA @東京ドーム

・7月5日(金)18時

・7月6日(土)18時

・7月7日(日)14時

一時は負け越しが10以上あったDeNAだが、勝率を5割(7月3日現在、以下同)まで戻し、順位も3位まであがってきた。オールスターまでに少しでも首位・巨人との差を縮めたいところだ。DeNAの神里和毅は今季の巨人戦で打率.389、出塁率.436とよく打っている。リードオフマンとして少しでも多く塁に出て、巨人をかき回したい。

■ 中日vsヤクルト@浜松球場(7月5日)、ナゴヤドーム(7月6日・7日)

・7月5日(金)18時

・7月6日(土)18時

・7月7日(日)14時

5割を切るチーム同士の対戦。なお、5日の試合は浜松で行われる。中日は今季、本拠地ナゴヤドームで17勝18敗と負け越している。まずは自分たちの庭でしっかりと白星を稼ぎ、上位進出を目指そう。首位打者争いをしている中日の高橋周平は、ヤクルト戦でも打率.356とよく打っており、15打点は対戦チーム別では最多だ。

■ 阪神vs広島@甲子園

・7月5日(金)18時

・7月6日(土)18時

・7月7日(日)18時

広島のエース大瀬良大地は、6月12日の日本ハム戦から3連敗中。前回のDeNA戦では5回途中7失点と調子を落としているのは気がかりだ。しかし、甲子園では今季1試合の登板ながら7回無失点と好投している。

■ 楽天vs日本ハム@楽天生命パーク

・7月5日(金)18時

・7月6日(土)16時

・7月7日(日)13時

6日の試合は近年増えつつある薄暮ゲームで16時開始。試合開始時間に注意しよう。

パ・リーグ3位の楽天のブラッシュは、今季日本ハム戦で打率.385、4本塁打と好成績を残している。

■ ロッテvs西武@ZOZOマリン

・7月5日(金)18時15分

・7月6日(土)14時

・7月7日(日)14時

両リーグダントツの27本塁打を記録している西武の山川穂高。6月は23試合で5本塁打と少しペースが落ちているが、昨季は7月以降で28本と夏場以降に量産した。今季は夏に何発の花火を打ち上げることができるか注目だ。

■ オリックスvsソフトバンク@ほっともっとフィールド神戸(7月5日・6日)、京セラドーム大阪(7月7日)

・7月5日(金)18時

・7月6日(土)18時

・7月7日(日)13時

5日と6日はほっともっとフィールド、7日は京セラドーム大阪で行われる変則的な3連戦。けが人が続出していながらも首位をキープしているソフトバンクは、最下位に沈むオリックスから確実に白星を重ねたい。そこに立ちはだかりそうなのがオリックスの山本由伸。今季ソフトバンク戦で3試合に登板し合計24回を投げ、得点をまだ許していない。(東京ウォーカー(全国版)・浅野祐介/ウォーカープラス編集長)

提供元:Walkerplus

オリコントピックス