• ホーム
  • グルメ
  • ラーメン官僚が選んだ今、注目の埼玉の新店「中華そば 136」

ラーメン官僚が選んだ今、注目の埼玉の新店「中華そば 136」

独創性がキラリと光る燕三条背脂煮干しラーメン「特製中華そば」(背脂:普通)990円

ラーメン官僚・田中一明がセレクトした、埼玉の注目の新店5軒。その中から今回は東松山にある「中華そば 136」を紹介する。

■ 煮干し香るスープと背脂、自家製極太麺との競演

ラーメン官僚のお墨付きの一杯は「特製中華そば」(990円)。「繰り出す燕三条背脂煮干ラーメンは修業先の一杯を踏襲しつつ、スープを強く乳化させ、麺をより太くするなど、独創性もキラリと光る!」と語るこのラーメンは、煮干しが香る醤油スープとまろやかな甘味がある背脂、自家製極太麺の組み合わせが秀逸。なお特製は味玉、バラ海苔、チャーシュー1枚が追加トッピングされる。

春日部の「ジャンプ」で研鑽(けんさん)を積み、「中華そば ぎと家(や)」では店長を務めた遠藤勇さんが独立。遠藤さんが今までの経験を生かして作り上げるのは、自家製の極太平打ち麺とたっぷりの背脂が絡み合う燕三条系ラーメンだ。

「自分が作ったラーメンで、人に感動を与えたい」と思いを語る遠藤さん。店の看板メニュー「中華そば」はそんな強い思いを体現した一杯だといえるだろう。スープは丁寧に処理した大量のゲンコツと背ガラ、厳選した煮干しを使用し、時間をかけてじっくりと旨味を抽出したもの。煮干しを多めに使うことでスープをより濃厚に仕上げている。

加える背脂の量は「無し・少なめ・普通・中脂・大脂・鬼脂」の6段階から選べ、増すごとにスープにまろやかな甘味がプラスされていく。特筆すべきは切刃8番手という超極太の自家製麺。モッチリとした独特の食感は、濃厚なスープや背脂にも負けない存在感を放つ。さらに柔らかな厚切り肩ロースチャーシューとメンマ、タマネギがトッピングされ、人に感動を届ける一杯が完成する。

こだわりの切刃8番手を使う自家製麺は深夜に麺を打ち、半日寝かせることで弾力を生み出す。加水率は50%前後に調整し、モチモチとした食感を表現。さらに茹でる前に手もみを加え、独特の食べ応えを作り出している。

そのほかにも燕三条系に「ジャンプ」のDNAを融合させた「あぶらそば」など、個性的なメニューをラインナップ。「特製あぶらそば」(990円)は特製の醤油ダレと極太麺をよく混ぜ合わせることで、一体感のある一杯に。無料サービスの柚子七味マヨネーズで、自分なりにカスタムして食べるのがおすすめ。

遠藤さんは「今後もラーメンの中で、個性をもっと表現していきたい」と意欲をのぞかせる。これからのさらなる進化が楽しみな新店だ。

■中華そば 136 住所:東松山市加美町11-45 電話:非公開 時間:11:30〜14:30、18:00〜20:00(LO)、土日祝11:00〜15:30(LO)※材料がなくなり次第終了 休み:なし 席数:20席(カウンター8、テーブル12※テーブルは子供連れ専用) タバコ:禁煙 駐車場:15台(東京ウォーカー(全国版)・ラーメンWalker編集部)

提供元:Walkerplus

オリコントピックス