避難指示、決壊把握4分前

西日本豪雨で倉敷真備町

豪雨を巡る倉敷市や国の動き

西日本豪雨で川の堤防が決壊して浸水し、多数の死者が出た岡山県倉敷市真備町地区で、被害が大きかった川の北側に市が避難指示を出したのは、最初の堤防決壊が確認される約4分前だったことが10日、分かった。市は...

提供元:共同通信

オリコントピックス