これがリュウグウ JAXA、3D連続写真を公開

(C)JAXA、会津大、東京大、高知大、立教大、名古屋大、千葉工大、明治大、産総研

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月10日、探査機「はやぶさ2」とらえた小惑星「リュウグウ」(Ryugu)の全体像を、3D連続写真のgif動画で公開した。赤青のメガネ(右目が青)を装着して動画を見ると、リュウグウを立体的にとらえることができる。

リュウグウに最終接近中の6月23日に、望遠の光学航法カメラ「ONC-T」を使い、約40キロ先のリュウグウを連続撮影したもの。小惑星が自転している様子を、自転の回転角にして約10度刻みで撮影している。

はやぶさ2による撮影前、リュウグウは丸い形と想定されていたが、実際はこまのような形状だった。はやぶさ2は6月27日、リュウグウの上空20キロ地点に到着しており、今後、リュウグウの探査活動を行う。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス