• ホーム
  • デジタル
  • クックパッド、生鮮ネットスーパーを今夏オープン 1品から店舗で受け取り

クックパッド、生鮮ネットスーパーを今夏オープン 1品から店舗で受け取り

クックパッドは7月10日、生鮮食品を取り扱うネットスーパー「クックパッドマート」を今夏に始めると発表した。ユーザーは販売店から集荷された新鮮な食材を当日中に受け取れるという。東京都の一部地域(渋谷区、世田谷区、目黒区)から提供する。

精肉や鮮魚、パンなどの食品をスマートフォンアプリから購入できるネットスーパー。注文した商品は、提供地域内の店舗や施設などに設置された受け取り場所で好きな時間に受け取れる。1品からでも送料無料で注文可能。料理レシピサイト「クックパッド」に掲載しているレシピにひも付いた食材セットでも購入できるという。

ティーザーサイトの公開と同時に、食材の販売者や直販可能な生産者、ユーザーが注文した商品を受け取る場所を提供する店舗などのパートナーの募集も始めた。

販売店は、初期費用や固定費無料で商品を出荷、当日配送できるプラットフォームとして利用できる(スタート当初は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県のみ)。

受け取り店舗は、受け取り用設備を設置できるスペースを持つ店舗や施設、空きスペースを保有する事業者などから募集する。衣食住(洋品店、クリーニング店、食品・飲料・飲食店、不動産店等)の店舗などを想定しているという(スタート当初は渋谷区、世田谷区、目黒区のみ)。

いずれの提供地域も順次拡大する予定。

クックパッドは4月、アマゾンジャパンの生鮮品配送サービス「Amazonフレッシュ」と連携するサービスもスタートしている。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス