• ホーム
  • 芸能
  • 原画250点が集結!人気漫画家・安野モヨコの大規模個展が西日本初開催

原画250点が集結!人気漫画家・安野モヨコの大規模個展が西日本初開催

『働きマン』。雑誌編集者として日夜奮闘する女性が主人公で、「働くとは」をテーマに描いた漫画。アニメ、TVドラマで映像化され、さらに人気を集めた 『 働きマン』 (C)Moyoco Anno / Cork

6月2日(土)から7月16日(月)まで、イムズ8階にある三菱地所アルティアム(福岡市中央区)で「安野モヨコ展 STRIP! PORTFOLIO 1996-2016」が開催する。安野モヨコは女性の本音や悩み、ファッションなどを作品に盛り込み、読者に深い共感と高揚をもたらしてきた人気漫画家。そんな彼女の20年以上の歩みをありのままに“晒す”個展で、今イベントは西日本で初の大規模個展開催となる。

■ 『シュガシュガルーン』『働きマン』など…世の人々を魅了し続ける作品の原点がココに

同展示会では、安野モヨコが描いた漫画の原画が多数公開される。その数は約250点に及び、トビラ絵や各作品の名シーンもしっかりと網羅。1995年に掲載された『ハッピー・マニア』をはじめ、現在も執筆継続中の『オチビサン』、今年連載が完結した『鼻下長紳士回顧録(びかちょうしんしかいころく)』と代表作を展示。ほかにも、映像化でより人気を集めた『働きマン』『さくらん』など、誰もが知る人気作も登場する。

さらに、本展のために描き下ろした作品や、単行本未収録につきファンの間で“幻”と称された『さくらん』第2部の原稿もお披露目。ファン垂涎の豪華な内容となっている。会場に併設するショップ「ドットジー」では、画集などのグッズ販売も行われる。

■ 安野モヨコが来福。トークライブ&サイン会も要チェック

6月29日(金)18:30〜、イムズホール(イムズ9階)にて「安野モヨコ展 トークライブ&サイン会」を開催。トークライブ参加者200名のなかで、安野モヨコ画集「STRIP!」の購入者を対象にサイン会も実施(60名)。受付は6月2日(土)から開始。詳細は、イムズHPをチェックしよう。(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

提供元:Walkerplus

オリコントピックス