• ホーム
  • 芸能
  • 細田守「未来のミライ展」の展示内容が一部発表!作中の“家”と“庭”を再現

細田守「未来のミライ展」の展示内容が一部発表!作中の“家”と“庭”を再現

「未来のミライ展」には庭が再現(イメージ画像)

7月20日(金)に公開される細田守監督最新作『未来のミライ』。同作の公開に合わせ、7月25日(水)から9月17日(祝)まで東京ドームシティGallery AaMoで開催される「未来のミライ展〜時を越える細田守の世界 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』」の展示内容の一部が発表された。

『未来のミライ』では、家族が暮らす家と庭が重要な舞台となっている。同展では、その家の不思議な庭を会場内に再現。作品内で庭が作り上げられる作画の過程を、プロジェクションマッピングによる様々な変化でダイナミックに表現する。また、建築家である谷尻誠を中心としたチームが細田監督とともに作りあげた「家」の設計を、資料とともに立体的に展示する。

同展では体感型展示・テクノロジー・原画・背景画などを通じて細田守が描く『未来のミライ』の世界を再現することがコンセプトとなっているほか、過去作の展示も盛りだくさんで、ファン必見の内容となっている。

また、5月15日より同展の前売り券の販売も開始された。通常前売券に加え、限定前売券第1弾としてマスキングテープ付チケット(2000円)が発売。『時をかける少女』の真琴、『サマーウォーズ』の健二、『おおかみこどもの雨と雪』の雪と雨、『バケモノの子』の熊徹、そして『未来のミライ』のくんちゃんとミライちゃんが描かれている。なお、第2弾の限定ネックストラップ付チケットは6月より販売開始予定だ。

細田守が描く『未来のミライ』の不思議な世界を体感できる展覧会を要チェックだ!(東京ウォーカー(全国版)・国分洋平)

提供元:Walkerplus

オリコントピックス