飛鳥・奈良の「吉野宮」正殿か

ひさし巡る大型建物跡

奈良県吉野町の宮滝遺跡で確認された、奈良時代前半の大型掘っ立て柱建物跡。四方にひさしが巡る構造をパイロンで示している(吉野町提供)

奈良県吉野町の宮滝遺跡(国史跡)で奈良時代前半(8世紀)の大型掘っ立て柱建物跡が確認され、県立橿原考古学研究所と吉野町が15日発表した。四方にひさしが巡る構造は、天皇が住んだ内裏に匹敵する最高格式で、...

提供元:共同通信

オリコントピックス