スルガ銀、多数が書類改ざん認識

シェアハウス融資

シェアハウス融資を巡る混乱について謝罪するスルガ銀行の米山明広社長(右)ら=15日午後、静岡県沼津市

地方銀行のスルガ銀行は15日、シェアハウス向けのずさんな融資を巡る社内調査で、多くの従業員が書類の改ざんを認識していた可能性が高いと発表した。融資総額は2018年3月末時点で2035億円、顧客は125...

提供元:共同通信

オリコントピックス