エボラブルアジア、DeNAトラベルを買収

オンライン旅行事業などを手掛けるエボラブルアジアは5月14日、ディー・エヌ・エー(DeNA)傘下の旅行会社「DeNAトラベル」を子会社化すると発表した。DeNAトラベルの発行済み株式の全てを約12億円で取得する。エボラブルアジアは「業界2位の総合オンライン旅行会社となり、連結取扱高2000億円を目指す」としている。

相互の商品を補完する他、シェア拡大によるブランド力の向上、仕入れコストや開発コストの削減、人的リソースの相互補完などの効果を見込んでいる。エボラブルアジアが運営する旅行券比較サイト「エアトリ」会員52万人と、DeNAトラベル会員202万人を合わせると、計254万人規模になる。

エボラブルアジアは、国内航空券の取り扱いが強みで、2018年9月期(17年10月〜18年9月)の連結取扱高は700億円を見込む。一方、DeNAトラベルは海外航空券、海外旅行分野の強みを生かし、総合旅行サイトを運営。18年3月期(17年4月〜18年3月)の連結取扱高は約700億円という。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス