• ホーム
  • 趣味
  • 【キルギスで温泉に入ろう!/中央アジア】 問題多発!期限が迫るパスポートと下りないビザ、そして…

【キルギスで温泉に入ろう!/中央アジア】 問題多発!期限が迫るパスポートと下りないビザ、そして…

軽キャンピングカーで、世界半周中の放浪夫婦です。稚内からサハリン島へ渡り、シベリアの大地を爆走。モンゴルで道草したのち、中央アジアに入りました。南アフリカの喜望峰を目指す、無期限無軌道ドライブです。ガイドブックにない隠れ家的パワースポットや絶景・奇景を見つけ出しては、「マイ秘境」と呼んで喜んでいます。

入国は、驚くほど簡単賄賂警察官との闘いに明け暮れたカザフスタンを南下して、キルギスに入ります。キルギスの入国は、拍子抜けするほど簡単です。入国カードや車の書類はなく、荷物検査がなく、ビザも要りません。滞在期限は60日。実はキルギスで旅が破綻しかけたのですが、この2ヶ月間で救われました。

強盗はいないけど、名物はカツアゲ警察官天然資源に恵まれている中央アジアにあって、めぼしい資源のないキルギス。貧乏です。街灯は少なく、夜は真っ暗。道路には大きな穴。住宅街は泥だらけ。真冬なのに、暖房のない宿。地元民は強盗はいないから安全だと言いますが、名物はカツアゲ警察官。あまり変わらないです。

想定内の大問題が発覚!キルギス以降はビザの必要な国が続くので、各国のビザ取りに忙しくなります。隣のウズベキスタン、その先のトルクメニスタン。そしてイラン。ルートによっては、ロシアかアゼルバイジャン。ここで大問題が発覚しました!パスポートの有効期限が6ヶ月を切ってしまったので(想定内)、イランに入れません(これは想定外)。カザフスタンにも戻れません(これも想定外)。中央アジアから出られなくなったのです(驚いた!)。急遽、首都ビシュケクの日本大使館で、パスポートの更新を申請します。更新できるかどうかわかりませんよと脅されて、3週間ほど待機です。その間、ビザの申請はできません。

秘密のデリケートゾーンはパワースポットパスポートを待つ間、琵琶湖の9倍もあるイシククル湖へ。ソ連時代は魚雷の試験場として、外国人は立ち入り禁止だったいわく付きの湖です。隠されていたと思うと、ありがたさが増すデリケートゾーン。天山山脈の神々しい白い峰と相まって、霊剣不明ながらもパワースポットとして外せません。

ピンポンダッシュに泣いた夜イシククル湖の神秘のパワーを浴びた夜、小さな集落の雑貨屋の店先でキャンピング。夜中、がんがんがんと車を叩く音で目を覚ましました。子どもたちのピンポンダッシュです。何度も何度も叩かれ、あまりにもしつこいので、「いい加減にせんかいー!(Excuse me!)」ってドアを開けたら、村人に囲まれてました。質問攻めにあうわ、Yukoのカラダを触りだす痴漢がいるわで、緊急脱出です。村はずれのガソリンスタンドで寝ます(無料)。

秘湯の絶倫なる効能人里離れた秘境に秘湯があります。アルティン・アラシャン。今にも吹雪そうな雪山の先です。山道を5メートルと進まぬうちに、地元民に止められました。「車じゃ無理じゃて」ならば、秘湯を諦め温泉へ。谷あいのアクス村温泉は、入湯料171円(100ソム)。湯船が3つ並んだだけの、艶気もなにもない個室。お湯は完全入れ替え制。15分以上入浴禁止の張り紙。ナニに効くかはわかりませんが、カラダに良くないほど、絶倫なる効能なのです。3ヶ月ぶりのお風呂に、心身ともに蕩(とろ)けました。

幻に終わったマイ秘境ひとっ風呂浴びたあとは、マイ秘境を求めてイシククル湖を攻めます。複雑に入り組んだ入り江の奥の奥まで車を走らせましたが、雪の混ざった泥道に悲鳴をあげる車。「車じゃ無理じゃて」陽が暮れる前に断念し、リゾートホテルの駐車場に泊まりました。一泊256円(150ソム)。

永遠の愛を誓いたくなる妖精の谷朽ちた道路標識に、「Fairy Tale Canyon」の文字。「おとぎ話の谷」とはなんぞやと、脇道へそれます。

誰もいない赤土の荒野に薄い轍が伸び、ゲートは放置され、ゴミが散乱。忘れ去られた観光地です。妖精の屍骸でも落ちてやしないかと、道の端までプチ冒険します。

イシククル湖を見下ろして、永遠の愛を誓った風の記念撮影。マイ秘境「夫婦円満編」です。

中央アジアの北朝鮮へ悩ましい問題がひとつ。ウズベキスタンとイランのビザは手に入れましたが、トルクメニスタンだけ取れません。大使館は「明日の朝、電話しなさい」と言いますが、電話すると「昼に電話しなさい」昼にかけ直すと、「夕方に」夕方は、誰も出ません。この繰り返しです。すでに60回も電話をして、疲れました。ビザは諦め、ウズベキスタンへ向かいます。中央アジアの北朝鮮と呼ばれる独裁国家ですからね、正直、行きたくないのだけれども。

吹雪で道路が消えた!山越えは、強烈な吹雪。やがて道路は雪にかき消され、ガードレールも路肩も標識もないので、天上天下唯白一色。

山越えは、強烈な吹雪。やがて道路は雪にかき消され、ガードレールも路肩も標識もないので、天上天下唯白一色。

ある意味、正攻法の悪徳警察官キルギスの警察官は、田舎へ行くほど不良です。検問で止められ、掘っ建て小屋に連れ込まれます。机がひとつあるだけ。椅子に踏ん反り返った警察官が、ひと言。「金払え!」違反したから罰金だとか、そういう冤罪系のExcuseは一切なし。直球勝負。わかりました、受けて立ちましょう。こちらはひと言も言葉がわからない戦法です。何を言われても、「なんのことだかわからないわ」ってなお目目で、「?」と首をかしげます。できるだけ可愛らしく。「マネープレゼント!」「プレゼントだよ、プレゼントっ!(怒)」「プレゼントの意味がわからないのか!(怒怒)」と何度もわめかれましたが、つぶらなお目目「?」。この作戦は地味に効きました。「もういいよ、この馬鹿!」追い出されましたから。

ウズベキスタンは右ハンドル禁止!まもなくウズベキスタンとの国境です。首都タシケントでトルクメニスタンのビザが取れなかったら、カスピ海を渡ってアゼルバイジャンへ渡ることになります。アゼルバイジャンのビザが取れなかったら、中央アジアから脱出できないことになりますが、それよりも心配なのは、ウズベキスタンの最新ニュース。「右ハンドル車は禁止です」ああ、胃が痛い。

次回は、中央アジアの北朝鮮ウズベキスタンに潜入します。

【キルギス・ドライブ情報】ビザ:不要(滞在期限60日)車の保険:(たぶん)不要レジストレーションカード(外国人登録証):不要アウトドアな宿泊先:駐車場(無料)SIMカード:176円(100ソム)。チャージは882円(500ソム)道路状況:未舗装が多い最新国境情報:Web site「The Silk Road Travel Guide」取得したビザ:ウズベキスタン(30日間/US$15) イラン(30日間/特急料金130US$)取得できなかったビザ:トルクメニスタン警察官:傲慢なカツアゲ系。

石澤義裕・祐子住みやすい国をリサーチしようという話から2005年から世界一周をスタート。アメリカ、カナダなどをスクーターで旅行し、オーストラリアをキャンピングカーで回ったのをきっかけに2015年の夏から軽キャンピングカーで旅を始めた。

提供元:BE-PAL

オリコントピックス