性産業向けSNSが急成長した理由

Switter

開設からわずか2週間でユーザー数が3万人を超えたマストドン(TwitterのようなSNSの一種)のサーバがある。マストドンは多くの個別のサーバが互いに連携し合うSNSで2017年4月に急成長したが、それ以降の伸びはなだらかだった。

マストドンの最新版で稼働している「Switter」はエスコートサービスを中心としたセックスワーカー(性産業従事者)のためのSNSなのだ。マストドンのランキングでは全世界で6位のユーザー数に達している。

Switterにいるユーザーのこれまでの活動場所は米国でポピュラーなリスティングサービスCraigslistやBackpageだったが、どちらも活動できない状況に陥っている。さらにトランプ政権が推進しているFOSTA/SESTA法案によりSNSから締め出されることが判明。同法案は性的人身売買を禁止することが目的とされるが、オンラインコミュニティーにおける言論の自由も奪うものだとして反対運動が起きている。Switterは合法的にこの種のコンテンツを配信できるオーストリアに置かれているため、FOSTA/SESTA法案を逃れられるとしている。

米国のテック系メディアでは昨年4月以降、マストドンに関する報道はほとんどなかったが、これを機会に再度注目されるかもしれない。

Switterはマストドンのハッシュタグを利用したリスティングと検索サービスを提供している。NSFW(閲覧注意)タグもうまく活用している。マストドン開発者のオイゲン・ロチコさんはSwitter管理者のJさんと技術的な問題で頻繁にやり取りをしている。

ちなみにPawooのロリ絵が問題になり、オイゲンさんとpixiv技術者がやり取りしながら解決に至ったのは昨年4月中旬のことだ。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス