• ホーム
  • デジタル
  • ドコモ、マンホール型基地局を開発 景観損ねずアンテナ設置

ドコモ、マンホール型基地局を開発 景観損ねずアンテナ設置

NTTドコモは4月11日、マンホール型基地局の試作機を開発したと発表した。観光地や景勝地など、景観を損ねないようにアンテナを設置したい場所や、人が多く集まり通信速度が低下しやすい場所などで、2018年度内に本格導入する計画だ。日本初の取り組みという。

地中10センチの深さにアンテナを設置し、鉄製のマンホール蓋と同様、クルマが停車しても重さに耐えられる樹脂製マンホールで蓋をした。無線装置への光回線の接続、電源確保は、埋設した配管を通じて行う。電波が届くエリアは、半径90メートル程度。

まず、北海道札幌市で3月に実証実験を始めた。雪が積もった環境で、電波の強さ、マンホール蓋の強度などを検証したという。今後は、18年夏ごろに沖縄県南城市、18年冬ごろに東京都渋谷区でも実験を行い、高温多湿の環境や降雨、トラフィック負荷が運用に与える影響を検証していく。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス