【辺野古から】移設先に活断層?

学者が危険性指摘、政府は否定

米軍普天間飛行場の移設工事が進む沖縄県名護市辺野古沿岸部の活断層に関するシンポジウムで発言する新潟大の立石雅昭名誉教授(左)、琉球大の加藤祐三名誉教授(中央)ら=2月14日、那覇市

沖縄県名護市辺野古沿岸部の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設予定地の海底に、地震を起こす可能性のある活断層が存在するかどうかが議論になっている。「活断層がある」と危険性を指摘する学者に対し、政府は「存在...

提供元:共同通信

オリコントピックス