• ホーム
  • おでかけ
  • 道後温泉で全室スイート!「別邸 朧月夜」は無料づくしの大人の隠れ宿

道後温泉で全室スイート!「別邸 朧月夜」は無料づくしの大人の隠れ宿

東京から飛行機とバスで最短130分。意外と近い愛媛の道後温泉は、旅好きの女子が憧れる人気の温泉地です。そんな道後温泉でスペシャルな滞在をしたいなら、高級旅館「別邸 朧月夜(おぼろづきよ)」へ。道後温泉本館から徒歩5分という街中にありながらも、客室を19室に抑えることでプライベート感抜群!客室は全室スイートで露天風呂付き。無料づくしの素敵なおもてなし満載で、大切な人との記念日旅行におすすめです!

生ビールも飲み放題。全室スイートの大人の隠れ宿

写真:別邸 朧月夜

観光客が行き交う道後温泉本館から坂道を上ること数分。大型旅館やホテルが建ち並ぶ一角に、「別邸 朧月夜」はひっそり佇んでいます。
1,370坪の敷地に造られた客室は19室だけ。しかも、ここは13歳以上が利用できる「大人のための隠れ宿」です。一歩足を踏み入れると、静寂な時間が流れ、ちょっとしたセレブ気分!ゲストは寛ぎに満ちた「別荘感覚」を楽しむことができます。

写真:安藤 美紀

宿のチェックインは少し早めの14時。せっかくなら、早めにチェックインして、無料づくしのサービスを存分に利用しましょう。
ラウンジのL字になったカウンターには、コーヒー豆8種類がスタンバイ!この中から好きな豆を自分で選び、何杯でもコーヒーを飲むことができます。豆を挽く道具も、ガリガリ…と手動で行うミルから、全自動まで様々。おいしいコーヒーが飲みたい!そんな方にはたまらないサービスです。

写真:安藤 美紀

その隣りでは、なんと生ビールが飲み放題!慣れている方は自分で生ビールを注いでみましょう。自信がない方は、スタッフに言うと注いでくれますよ。
お風呂上がりに超クリーミーな泡付きビールを1杯。さらに宿にこもって昼から1杯。ビール党の方は「ぷはぁ……」の幸せを噛みしめてください。

露天風呂にマッサージチェアまで。ラグジュアリー度満点の客室

写真:安藤 美紀

広い敷地に造られた客室19室は、すべて露天風呂つきのスイートタイプ。1部屋4名まで利用することができ、部屋の広さは約80平米〜という贅沢なつくりです。道後温泉のお宿は、ほとんどが大型旅館。そんな道後で、これほどお部屋が広くてのんびり過ごせる「別邸 朧月夜」は、貴重な存在だといえます。

写真:安藤 美紀

庭先にはテラスと露天風呂がついていて、自分のペースで道後温泉の湯を楽しめるのも嬉しいポイント。人に会わずにゆっくり過ごしたい方は、露天風呂が最高の隠れ家になるでしょう。
湯船に注がれる湯は、道後温泉と同じ泉質のアルカリ性単純温泉。とろりとした感触で、入浴後は肌がすべるよう。浴衣もスルスル…と袖を通り、気持ちいい!露天風呂はかけ流し循環併用型。湯温が低く加温はしていますが、お部屋にいながらこれほどのお湯に入れるのは、嬉しい限り!

写真:安藤 美紀

全ての客室にマッサージチェアがあり、冷蔵庫のアルコール&ソフトドリンクも無料と至れり尽くせり!「別邸 朧月夜」にきたら、すべてがお部屋で叶う贅沢を楽しみましょう。

道後の山を愛でる離れの露天風呂「道後御茶屋」

写真:安藤 美紀

あまりにも客室の居心地が良すぎて、ずっとこもりたくなりますが、ぜひ立ち寄ってほしい場所があります。それが、外廊下の先にある離れの露天風呂「道後御茶屋」。

写真:安藤 美紀

離れの露天風呂は5〜6人がちょうどいいサイズ。大型旅館のザ・大浴場という大きさではありませんが、客室の露天風呂より広く風情があります。ここでは、こぼれる湯音を聞きながら、森林浴も楽しみましょう。
種類は岩風呂と檜風呂の2つで、翌日の朝、男女入れ替わります。客室数が少ないため、タイミングが良ければ貸切状態になることも。

写真:安藤 美紀

お風呂上がりの水分補給用に置かれている、牛乳とコーヒー牛乳も無料です。そして、普通のミネラルウオーターではなく、道後の水口酒造で酒の仕込み水として使われている「熟田津(にぎたつ)の仕込み水」も乾いた喉を潤すのに役立ちます。雑味がなく澄んだお水は、すっと体に染み込んでいきますよ。

瀬戸内の旬の滋味を厳選した懐石料理

写真:別邸 朧月夜

個室の料亭に運ばれてくるのは、味・季節感・見た目のすべてで満足できる感動のお料理!料理の内容や盛り付けはもちろん、器にもこだわっているのが「別邸 朧月夜」流です。
月替わりで出される料理は、瀬戸内の身がしまった美味しいお魚や、とろける甘さを持つ愛媛産の牛肉を使ったしゃぶしゃぶ!まさに記念日にふさわしい晩餐になります。

写真:別邸 朧月夜

瀬戸内が育んだ天然モノのお魚は、料理長の手により、美しく磨き抜かれていきます。お魚の旨味を満喫できる「美味しい時間」をたっぷり楽しみましょう!

写真:安藤 美紀

お料理と一緒に堪能してほしいのが、地酒。愛媛は、西日本最高峰の霊峰「石鎚山」の伏流水を使った酒蔵が意外にも多く、隠れた酒処としても人気があります。
その味わいは、どれも優しくてまろやか。なかでも「道後蔵酒」は、道後の蔵元「水口酒造」がつくる生貯蔵酒で、しぼりたてのうまさがそのままに蔵出しの香りと味が生きています。まろやかな舌触りで、女性にも飲みやすいですよ。

無料チケットを使って、改修工事前の道後温泉本館も入浴しよう

写真:安藤 美紀

お宿に露天風呂はありますが、やはり道後温泉本館は別格。「別邸 朧月夜」のゲストは、道後温泉本館の無料チケットをもらえますので、一度は足を運んでおきましょう。
道後温泉本館は耐震補強のため、2019年1月以降、しばらく改修工事に入ります。営業しながら部分的に補修させていくそうですが、今の堂々たる佇まいを目に焼き付けておくと、きっと旅の良い思い出になるはず!
道後温泉本館は早朝6時から営業開始。まだ人が少ない朝風呂の時間帯を狙いって行くのがオススメです。

道後温泉に来たら、一度は泊まってみたいと言われる憧れの温泉宿「別邸 朧月夜」。そんな「究極の大人の隠れ宿」を動画でじっくりご堪能ください。

道後温泉でゆっくりお泊まりするなら「別邸 朧月夜」へ

「別邸 朧月夜」は、広々したリビング、シモンズ社製のベッド、露天風呂、マッサージチェアなど、客室にいながら夢のような時間を過ごせるお宿です。カップルの方は、大切な記念日に。また最高のご褒美旅の宿として、「泊まってみたい宿リスト」に加えてみてはいかがでしょうか?
取材協力:松山市

■関連MEMO
道後温泉 別邸 朧月夜
http://www.oborozukiyo.jp/guest_room/index.html
道後温泉本館
https://dogo.jp/onsen/honkan

【トラベルjpナビゲーター】
安藤 美紀

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

オリコントピックス