• ホーム
  • グルメ
  • 岐阜の名店「白神」が名古屋に降臨!名古屋ラーメンまつり2018限定麺を徹底解剖

岐阜の名店「白神」が名古屋に降臨!名古屋ラーメンまつり2018限定麺を徹底解剖

とろとろ炙り軟骨焼豚入り 白エビ豚骨〜北海道干し貝柱バージョン〜。濃厚で食べ応え満載だ

2月2日から名古屋・久屋大通公園 久屋広場で開催される「名古屋ラーメンまつり2018」。今年は、前半と後半で店舗がすべて入れ替わる2幕開催に! 第2幕(2月8日〜12日)には、「ラーメンWalker東海」プロデュースとして「麺屋 白神 本店」(以下白神)が参戦。どんなメニューが味わえるのか、詳しく紹介しよう。

■ ラーメンWalkerグランプリ3連覇!東海ラーメン界の神が降臨する!!

「白神」といえば、全国区の知名度を誇る人気ラーメン店。ラーメンWalkerグランプリ岐阜では前人未踏の総合3連覇を成し遂げて殿堂入り。システムが改変されたため、総合3連覇を達成して殿堂入りしたのは東海エリアでココだけ、全国でも2店舗のみという伝説の店なのだ。

■ 原価ギリギリ!?イベント限定の豪華ラーメン

今回のイベントで味わえるのは、とろとろ炙り軟骨焼豚入り 白エビ豚骨〜北海道干し貝柱バージョン〜。人気メニューである全部のせえびそばをアレンジしたものだ。会場のラーメンはすべて1杯850円のため、店では通常1160円で販売しているにもかかわらず、なんと850円で味わえてしまうという大盤振る舞い!チャーシュー替わりにトッピングしたのは、店を象徴する味のひとつであるとろとろ軟骨焼豚と、直前にフライパンで炙って仕上げる豚バラ肉の2種類。地元である岐阜県のたまり醤油から作る醤油ダレは、まるで味噌のようなコクを感じさせる。麺は北海道産小麦100%の自家製麺。もちろん、5種類の小麦を独自でブレンドした自社専用粉「北の麦味」を使用している。

富山湾の宝石と言われる貴重な白エビを使った濃厚スープは、店の知名度をいっきに広めるきっかけとなった「白神」の代名詞。今回は、白エビを低温でじっくりローストしてから豚骨スープに加えて炊いている。さらに、白エビを粉末状にしてから丼にプラス。

醤油ダレにもひと工夫あり。北海道干し貝柱を醤油ダレに加えた特別バージョンなのだ!これにより、スープに深みと旨味が加わった。

■ 「地元開催なので、感謝の気持ちを込めました」絶対王者に死角なし!

全国各地のラーメンイベントに参加し、常に人気上位という絶対王者が地元開催のイベントにかける意気込みは熱い。「目指すは売上杯数トップ!いつも来てくださるお客様への感謝のつもりで、利益は度外視しています。たくさんの人に楽しんでほしいですね」。行列必至なので、早めに並んで味わいたい。(東海ウォーカー・大川真由美)

提供元:Walkerplus

オリコントピックス