• ホーム
  • 芸能
  • 山田洋次監督「家族のような劇団」初春新派公演PR

山田洋次監督「家族のような劇団」初春新派公演PR

初春新派公演「家族はつらいよ」の制作会見を行った、前列左から喜多村緑郎、波乃久里子、水谷八重子、山田洋次監督、後列左から石原舞子、喜多村一郎、春本由香、田口守、瀬戸摩純、児玉真二

山田洋次監督(86)が脚本、演出を務める初春新派公演「家族はつらいよ」(来年1月2〜25日、東京・三越劇場)の制作発表会見が3日、都内で行われた。

山田監督による同名シリーズ映画の舞台化で、同監督は「舞台化するとすれば、家族のような劇団、新派をおいてほかにないと思っていた」と話した。

水谷八重子(78)は「平成の時代を(背景に)取ってやるお芝居は今回が初めて。劇団はまさに家族です。観客がたくさん詰めかけると家族はハッピーになります」とPRした。ほかに波乃久里子(72)喜多村緑郎(48)らが出席。

提供元:日刊スポーツ新聞社

オリコントピックス