• ホーム
  • おでかけ
  • 琉球の自然・スピリット・静寂な時を感じる「ザ・リッツ・カールトン沖縄」

琉球の自然・スピリット・静寂な時を感じる「ザ・リッツ・カールトン沖縄」

沖縄本島で最も美しい海、名護湾を一望できるザ・リッツ・カールトン沖縄。沖縄の世界文化遺産の一つ、首里城をモデルとした外観は南国ムードがあふれ、陽気な装い。しかし、一歩中に入ると迫力ある太い梁やゴールドで統一された華やかな家具、そして、ホテルの象徴ともいうべき「水をたたえた庭」など、静寂な時を感じられる空間が広がります。
ただそこにいるだけで心が浄化される滞在がここにあります。

時間ごとに様変わりする水をたたえた庭

写真:浮き草 ゆきんこ

美しい名護湾を一望できるザ・リッツ・カールトン沖縄は、南国ムード漂う坂道を抜けた高台にあります。首里城をモデルとしたデザインは、朱色の屋根が青空に映え、沖縄らしい雰囲気。
入口には沖縄で魔除けと歓待を意味するシーサーがお出迎え。外観とはうって変わり、ロビーに入ると、迫力ある太い梁、ゴールドを基調とした家具、柔らかなオレンジの照明と、これから始まる至福の滞在を期待させる上質な空間が広がります。

写真:ザ・リッツ・カールトン沖縄

ロビーの先に広がるのは、ザ・リッツ・カールトン沖縄が誇る「水をたたえた庭」。ロビーフロアのどこを歩いていても、水の流れを感じられる空間は、心が浄化されるよう!
天気がいい日は、すべての窓が開け放たれ、潮風が吹きぬける気持ちのいい空間に。水辺のゆらぎに心満たされるはず。

写真:浮き草 ゆきんこ

まるで一枚の絵画のような空間も!ゆっくりと水際を歩きながら、沖縄の自然、スピリット、そして静寂な時間を感じてみてください。
また、キャンドルに照らされた夜の幻想的な雰囲気もオススメ。暗がりの中で、ぼんやりとともる灯りを見つめていると、深いやすらぎに満ちた時間を過ごせます。

心と体を解き放つ極上空間

写真:浮き草 ゆきんこ

97室あるゲストルームからは、美しい名護湾を望め、東側客室からは朝日を、西側の客室からは辺りを真っ赤に染める夕日を眺めることができます。
木のぬくもりが感じられる柔らかい色合いで統一された客室内は、沖縄の織物・琉球絣(かすり)や沖縄の漆工芸品をモチーフにしたティーキャビネットなどが配置され、沖縄の文化を感じられる作り。
備え付けのエスプレッソバーで温かいコーヒーを淹れて、窓を眺めていると、南国らしい緩やかな時間の流れに癒されます。

写真:ザ・リッツ・カールトン沖縄

テラスのみならず、バスタブからも絶景を楽しめます。ハイビスカスやマリンといった沖縄素材のバスソルトで体を芯から温め、窓の外に広がる美しい星空や月を眺める至福のバスタイム!
英国王室御用達の「Asprey」のバスアメニティーを使うと、バスルームにやさしい香りが広がり、居心地がよすぎてバスルームから離れられなくなるほど。

写真:ザ・リッツ・カールトン沖縄

7階にあるザ・リッツ・カールトン スイートは100平米あるテラスから沖縄の絶景を一望!
ジェットバスやソファセットも完備されているので、本を読んでくつろいだり、夜は星空を堪能したりと、思い思いのプライベート時間を過ごしてみては?
記念日などの特別な滞在時に泊まってみたい憧れのスイートです。

琉球食材を使った琉球アフタヌーンティーセット

写真:浮き草 ゆきんこ

ホテルといえば、アフタヌーンティーも楽しみの一つ。ザ・リッツ・カールトン沖縄では2つのアフタヌーンティーを用意しています。
沖縄ならではの食材を使った琉球アフタヌーンティーセットは、木箱にスイーツや前菜が入り、箱を開けるたびにわくわくします。
季節により素材は変わりますが、秋から冬にかけては、ミニタコライス、黒糖パンナコッタ、タンカンのフィナンシェにウコンのスコーンと琉球素材が盛りだくさん!

写真:浮き草 ゆきんこ

琉球アフタヌーンティーセットのドリンクは、ぶくぶく茶とお好みのコーヒー、紅茶から選ぶことができます。
ぶくぶく茶とは、古くから沖縄で飲まれているふわっふわの泡が特徴のお茶。煎った米と番茶やさんぴん茶を抹茶のように泡立てると、泡が出来上がります。お茶をそそぎ泡をそっと入れて、ピーナッツを振りかけたら出来上がり。すっきりと優美で澄み切った味わいはひたすら感動的!
また、紅茶はシンガポール生まれのおしゃれなTWG。23種類ほどの茶葉の聞き茶ができるのがうれしいポイント。じっくりと香りと向き合い、お気に入りの紅茶を見つけてみてください。

写真:ザ・リッツ・カールトン沖縄

クラッシックアフタヌーンティーセットにも、紅芋スコーンやシークワーサーチーズケーキなどに琉球素材が使われています。
シークワーサーやタンカンなどのジャムの食べ比べも楽しみの一つ。
光・風・緑を感じられる開放的なザ・ロビーラウンジで、沖縄食材の自然の甘味を感じてみてはいかがでしょうか。

日差しこぼれる美空間でブレックファースト

写真:ザ・リッツ・カールトン沖縄

朝食からディナーまで、沖縄料理はもちろん、和洋さまざまなメニューを用意しているダイニング グスクは、ロビーから広がる「水をたたえた庭」に面し、日差しが降り注ぐ美空間が魅力。
天気がいい日はテラス席での食事がおススメです。

写真:浮き草 ゆきんこ

朝ごはんはブッフェ形式。和食コーナーには日替わりで麩チャンプル、アーサー入りだし巻き卵などの沖縄料理が並び、洋食コーナーには、出来立てオムレツや種類豊富なサラダが並びます。クロワッサンやレーズンパン、スイーツパンも豊富に揃い、何を食べようか迷ってしまうほど。シナモンが効いたもっちりフレンチトーストは、見逃せません!
マンゴージュースや、グァバジュース、ゴーヤー&パイナップルなど、南国ならではのジュースや、シークワーサーを使ったドレッシングなどもあり、テーブルに並べられた色とりどりの楽しい朝食で朝から気分上々!

写真:浮き草 ゆきんこ

ダイニング グスクの夜は、水辺にライトが灯り、幻想的な雰囲気に。
南国ムード満点のカクテルを傾けながら、沖縄三線が奏でる癒しのリズムに耳を傾けてみては?

一人時間が心地いいライブラリー

写真:浮き草 ゆきんこ

4月〜10月にオープンする屋外プールの横にはライブラリーがあります。沖縄の美しい風景をおさめた写真集、沖縄の歴史本、ゴルフのハウツー、コミックまで、大人も子どもも楽しめる本がずらり。
カウンターでは、ワインや泡盛、ソフトドリンクも注文できるので、お好きなドリンク片手に気ままな一人時間を!本は部屋に持ち込むことも可能です。

写真:浮き草 ゆきんこ

おススメのフォトジェニックスポットは、ダイニング グスクの目の前にあるデッキ。結婚式も行われるデッキからは名護湾が一望!
お気に入りの一枚を撮るなら空気が澄んでいる朝がベストタイムです。

ザ・リッツ・カールトン沖縄で琉球時間を感じる旅を

ザ・リッツ・カールトン沖縄を包んでいるものは、沖縄ならではの自然のエネルギー。時間とともに姿を変える「水をたたえた庭」、沖縄本島一の美しさを誇る名護湾の眺望、そして、深い安らぎを感じられる静寂な時間・・・
日常からちょっと距離を置いて、自分と向き合う時間を与えてくれるのが、ザ・リッツ・カールトン沖縄なのです。

■関連MEMO
ザ・リッツ・カールトン沖縄
http://www.ritzcarltonjapan.com/okinawa/index.html

【トラベルjpナビゲーター】
浮き草 ゆきんこ

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

オリコントピックス