• ホーム
  • おでかけ
  • 食の王国・富山の魅力を半日から堪能しよう!富山市グルメのモデルコース

食の王国・富山の魅力を半日から堪能しよう!富山市グルメのモデルコース

富山の特産品はお好きですか。日本海の恩恵を受け、ます寿しや白エビなど海鮮が豊富な富山県。他にも真っ黒な外見とは逆にさっぱり味が特徴のラーメン、富山ブラックも人気ですが、古来より“富山の売薬”として富山の薬は信頼され、その技術を応用した身体に良いお土産も県を代表する名品です。これ以外も美味しいものは尽きません。半日でも富山市に降り立てば、この県が隠し持つ“食の王国”と称する実力に魅了されるはずです。

美食の旅は富山駅前「キトキト市場とやマルシェ」から

写真:浅井 みらの

富山県の県庁所在地、富山市。富山駅には北陸新幹線が通り、関東地方から行きやすくなったばかりでなく、県唯一の空港“富山きときと空港”からもバスで約20分というアクセスの良さが魅力です。
駅構内の“きときと市場 とやマルシェ”では、県内から集まった名産や伝統工芸品が並び、短時間の滞在でも効率良くお土産を買うことができます。特に駅弁として人気な“ます寿し”は数店舗で販売されており、食べ比べもできます。

写真:浅井 みらの

少し時間があれば、元祖白えび天丼の名店「白えび亭」は、時間を無理やり作ってでも立ち寄りたい場所。一匹一匹を丁寧に揚げた白えびの甘さは格別です。お米が富山県産というのも富山の美味しいものへのこだわりと自信が感じられます。
<基本情報>
住所:富山市明輪町1番220号 JR富山駅1F きときと市場 とやマルシェ内
電話番号:076-433-0355
営業時間:10:00〜21:30(ラストオーダー21:00)
定休日:年中無休

駅前「CiCビル」にも富山の魅力がたっぷり

写真:浅井 みらの

地元では“シック”と親しまれている“CiCビル”。富山駅正面という抜群の立地で、建物内にはお土産やJリーグで活躍するカターレ富山のグッズも販売しています。
地下1階には、東京ラーメンショーで日本一の栄冠に何度も輝いた「麺家いろは」があります。魚から取った魚醤が味に何層もの深みを増すものの、さっぱりな後味が特徴のラーメン。寒い日は特に体が欲する食べ物です。

写真:浅井 みらの

1,800品目ものお土産が並ぶ1階の「ととやま」では、身体にも嬉しいお土産が置かれています。お米や野菜に果物など栄養価が高い食材から生まれた“食やくスイーツ”はかわいいパッケージが目印。どれにしようか迷ってしまう品数の多さです。
<基本情報>
住所:富山市新富町1-2-3
電話番号:076-444-0001
営業時間: 麺家いろは AM11:00〜AM2:00 / ととやま AM10:00〜PM8:00
定休日:不定休
アクセス:JR富山駅より徒歩1分

市内一の繁華街・総曲輪で直売所「地場もん屋」を散策

写真:浅井 みらの

ここからは、もう少々ディープな食をご紹介します。富山駅よりバスで約5分、富山市内最大の繁華街“総曲輪(そうがわ)”に辿り着きます。デパートや屋根付き広場などの施設が多く集まり、特に“総曲輪通り商店街”は地元の人も足繁く通う賑やかな商店街です。

写真:浅井 みらの

その商店街にある「地場もん屋」は、富山市産で収穫された食材が届く直売所。主要産地の情報も発信しており、より富山の農業を知ることができます。

写真:浅井 みらの

店内は新鮮な農作物が多く並び、野菜の瑞々しさが際立ちます。その他にも地酒や手作りのパンやお菓子などがあり、次々と目移りするほど。あれもこれもと手が伸びてしまいます。
<基本情報>
住所:富山市総曲輪3丁目3-3-13 ウィズビル1階
電話番号:076-481-6337
営業時間:10:00〜18:30
定休日:年中無休(年末年始除く)
アクセス:富山駅よりバスで約5分。総曲輪停留所で下車し、徒歩2分

江戸時代から地元を笑顔にした和菓子屋さん「竹林堂」

写真:浅井 みらの

商店街のはずれで、優しい甘い香りを漂わせているのが老舗の和菓子屋さん「竹林堂(ちくりんどう)」。こちら本店の歴史は240年以上も前から。看板商品“甘酒まんじゅう”の甘い香りとふっくらした食感が、藩主だった前田公の心を射止め、竹林堂の称号と褒賞を頂いたのです。

写真:浅井 みらの

店内には飲食スペースもあり、出来たての和菓子をすぐに味わえます。富山の水でつくられた秘伝の甘酒は、添加物を一切加えてません。そのため、数時間でもすぐに固くなると聞きます。これこそが素材本来の旨みがぎゅっと詰まっている証拠なんですね。

写真:浅井 みらの

ふっくらした生地の中には、こしあんがぎっしり。酸味がほんのりと効いていて、食欲が沸かない夏でも、このおまんじゅうなら食べられるのだとか。富山銘菓のひとつをぜひお楽しみください。
<基本情報>
住所:富山市中央通り1-5-2
電話番号:076-423-8424
営業時間:9:00〜19:00
定休日:毎週水曜定休(祝日の場合営業)
アクセス:富山駅よりバスで約5分。総曲輪停留所で下車し、徒歩5分

ほっと一息つける茶室「佐藤記念美術館・助庵」

写真:浅井 みらの

富山駅から総曲輪の間にある「佐藤記念美術館」は目の前に日本庭園、その先には悠然とかまえる富山城が望めます。美術館の茶室「助庵」は町の喧しさから一時離れられる憩いの場所。歩き疲れた身体に嬉しい抹茶と和菓子が頂けます。
<基本情報>
住所:富山市本丸1-33(富山城址公園内)
電話番号:076-432-9031
営業時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
定休日:年末年始、展示替えなどの臨時休館日
アクセス:JR富山駅から徒歩約10分

素材の良さがポイント

海と山に挟まれた富山県。富山湾で捕れた海鮮だけでなく、北アルプスの雪解け水という豊かな水資源の恩恵を受け、農作物や加工食品もやわらかな味わいが特徴です。ぜひ訪れた際は、富山の美食でお腹いっぱいになってみてはいかがでしょうか。
2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
きときと市場 とやマルシェ
http://www.toyamarche.jp/
CiCビル
http://www.cicnavi.com/
地場もん屋
http://www.jibamonya.com/
竹林堂
http://chikurindo-honten.jp/
佐藤記念美術館
http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/s-art/index.html

【トラベルjpナビゲーター】
浅井 みらの

提供元:トラベルjp<たびねす>

オリコントピックス