• ホーム
  • デジタル
  • 配車サービスの米Lyftが初の海外進出 カナダでサービス開始

配車サービスの米Lyftが初の海外進出 カナダでサービス開始

米配車サービスのLyftは11月13日(現地時間)、初の海外進出になるカナダでのサービスを開始すると発表した。まずはトロントでスタートする。

同社は10月に米Googleの親会社Alphabet主導で10億ドル増資した。

Lyftの競合である米Uberは2014年からカナダでサービスを提供している。Uberは前日、ソフトバンクグループなどから10億ドルの出資と90億ドル相当の株式買収を受けると報じられた。

Lyftのドライバー募集ページを見ると、カナダではグレーター・トロントエリア(トロントとその郊外のヨーク地域、ピール地域、ハルトン地域、ダタム地域を含む地域)でドライバーを募集している。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス