• ホーム
  • ビューティ
  • ヘアアレンジは編み方で変わる? アレンジの超基本「三つ編み」の編み方

ヘアアレンジは編み方で変わる? アレンジの超基本「三つ編み」の編み方

キレイに編むのは意外と難しい? ヘアアレンジの基本「三つ編み」

ヘアアレンジに使われる編み方には、いろんなものがありますよね?ヘアアレンジの手順を見ても、当然のように出てくるさまざまな編み方……。
でも、「実際どんな編み方なんだろう?」なんて思っている人も少なくないはず……。そこで数回にわたって、セルフで使える編み方をご紹介します。
今回は、編み方の超基本「三つ編み(表編み)」の編み方です。
超基本「三つ編み」の編み方

1. 三つ編みにする毛束を取ります。編む前にキレイに整えましょう。
2. 毛束を3つに分けます。左から毛束@、A、Bとします。3つの毛束をだいたい同じくらいの量にすると編み上がりがキレイですよ。

3. 右側のBを@とAの間に入れ、真ん中に持ってきます。
4. 次は左側にあった@を、BとAの間に入れ、真ん中に持ってきます。

5. 同じように、右端の毛束Aを真ん中に入れます。
6. 今度は左端の毛束Bを真ん中に、という感じで、左右交互に繰り返していきます。

7. 同様に編み進めると、三つ編みが完成します。
8. 毛束の端っこを指で引き出していくと、今っぽいボリュームのある三つ編みに仕上がります。
<まとめ>3つの毛束を使って、両端の毛束を交互に真ん中に持ってくるように編めば、三つ編みが出来上がります。
いかがでしょう?最後に毛束をほぐすことで、昔のおさげ髪のような雰囲気がなくなり、おしゃれに仕上がりますよ。
最初から鏡を見ながら自分の髪を編むのは難しいので、他の人の髪や紐を使って練習してみましょう。ではでは〜〜。
美容師/松井愛士(release SEMBA)

提供元:AUTHORs Beauty

オリコントピックス