• ホーム
  • 趣味
  • 【BE‐PAL×CAMP HACK連携企画 ママキャンパーに聞け!】第1回

【BE‐PAL×CAMP HACK連携企画 ママキャンパーに聞け!】第1回

ママキャンプの達人に教わるお役立ち情報満載の、BE‐PAL×CAMP HACK連携企画がスタート! 第1回はサイト作りのコツを伝授してもらいました。第2回、3回と、テーマを決め、毎月、目からウロコの実用的な情報をお届けしていきます。お楽しみに〜♪ というわけで、まずは達人ママのプロフィールを紹介!

【ママキャンパー・菅谷由理子さん】

菅谷さんファミリー。由理子さんは外資系企業で働くキャリアウーマン。キャンプ歴は15年以上で、年間8回、20泊程度している。混雑しない秋から冬にかけてのキャンプが好きという、超ベテランさんだ。夫のくぅちゃんは、独身時代から数えてキャンプ歴23年。中学3年生のえみりちゃんは、幼いころからキャンプをしていて、焚き火が大好き 長年の経験から選びぬいたとっておき道具類や、独自のキャンプスタイルは要注目!!

【ママキャンパー・飯田みどりさん】

飯田さんファミリー。みどりさんは6歳の男の子と3歳の女の子の二児の母。子供たちがキャンプを楽しめる年齢になったのを機に、2年ほど前から、ママ主導でファミリーキャンプ・デビューを飾った。子供の安全を第一に考えたサイト作りや、気分があがるデコレーションなど、テントサイトにはマネしたいワザがたくさん詰まっている!

サイト作り その1〈菅谷家編〉役割分担をしながらの共同作業が楽しい!

ママはテーブルやコットなど、道具類の組み立てを担当。手を怪我しないよう、皮手袋を着けて作業をしているそう。その間、父娘チームは阿吽の呼吸でテントを組み立中〜。

着替えや洗面用具など、個人装備は各自が責任を持って、名前の刺繍が入ったL.L.Beanのトートバッグに準備しておくのが、菅谷家のルールだ。えみりちゃんが小さいころは、バッグの中はおもちゃでいっぱいだったとか(笑) 1時間ほどでテントサイトが完成〜!

テント:ドッペルギャンガー/カマボコテント2 http://www.doppelganger-sports.jp/product/t5_489/

タープ:テンマクデザイン/Takibi-Tarp Cotton Recta http://www.tent-mark.com/takibi-tarp-cotton-recta/

サイト作り その2〈飯田家編〉設営中は目の届く場所で子供を遊ばせる!

最初に小さなテーブルをセットし、持参のおもちゃで遊ばせる。場合によっては車で待機させることもあるそう。

お兄ちゃんは状況を見て、お手伝いできるように。子供の成長を感じられるのもキャンプの魅力のひとつだ。

秘密兵器登場!?

みどりさんは縫い合わせた布、木目調の突っ張り棒5本、輪ゴムで、子供用ティピーを自作。製作費は4,000円ほどだったそう。ママとパパがテントを設営している間は、ティピーの周りで兄妹が仲良く遊んでいてくれるので、作業に集中できる。

サイト作りの時間を短縮するため、テントはリビングと寝室が一体化した2ルームテントをセレクト。2ルームならタープの設営時間を省くことができる。

コールマン/ウェザーマスター ワイド2ルーム STD http://www.coleman.co.jp/columns/onlineshop/c779465/

サイト完成後は……

ミニ黒板に今シーズンのキャンプ回数とキャンプ場名を書いて、パチリ! 完成後はカメラで記録を残すのが恒例。キャンプは家族の大切な想い出作りの場ですね♪

BE‐PAL×CAMP HACK連携企画・第2回は、見た目は豪華だけどシンプルな手順でできるママ特製の“時短キャンプ料理”を紹介します。乞うご期待♪

CAMP HACKでも、記事を公開中!合わせてこちらもチェックしてみてくださいね。 http://camphack.nap-camp.com/2601

取材協力/キャンピカ富士ぐりんぱ https://www.pica-resort.jp/campica-fuji/

文=松村由美子 撮影=はぎひさこ

提供元:BE-PAL

オリコントピックス