• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • おでかけ
  • かつてグルジアと呼ばれた国ジョージア!首都トビリシおすすめ名所

かつてグルジアと呼ばれた国ジョージア!首都トビリシおすすめ名所

旧ソ連構成国の1国で、かつてグルジアと呼ばれていたジョージア。東部にある首都のトビリシは、ムトゥクヴァリ川が作った谷間に市街を形成し、三方を山に囲まれた人口110万人の美しい都市です。5世紀に古代カルトリ王国の王ワフタング1世がここに町を形成して以来、1500年近い歴史があり、市内には温泉や古い教会、要塞など見所が多くあります。今回はトビリシで訪れるべきお薦めの名所をご紹介します。

河岸の崖の上に建つ「メテヒ教会」

写真:大川原 明

トビリシで必ず訪れていただきたい場所は、メテヒ教会です。メテヒ教会は、トビリシのアブラバリ地区、ムトゥクヴァリ川の左岸の崖の上に建つグルジア正教会の教会です。5世紀に創建されましたが、1235年のモンゴル帝国の来襲によって破壊され、1289年にデメトレ2世の命を受け再建されました。
帝政ロシア時代には刑務所として使用され、革命運動で逮捕されたゴーリキーもここに幽閉されました。ジョージアの独立を期に、正教会として本来の役目を取り戻しました。ジョージア正教会の教会らしく外観も内装も簡素ですが、河岸の上に建っているため、荘厳さを感じます。川にかかる橋の上や対岸からも眺めてみるとよいでしょう。
<メテヒ教会の基本情報>
住所:Metekhi St, Tbilisi
電話番号:+995-32-222-8532
営業時間:24時間
定休日:無休
入場料:なし
アクセス:メトロ駅アヴラバリから徒歩7〜8分

硫黄泉の温泉街

写真:大川原 明

トビリシには硫黄泉の天然温泉があります。温泉好きな日本人にぜひとも訪れていただきたい場所。温泉街にはドーム型の建物がありますが、全て温泉施設。湯船があり、日本人にはうれしい熱湯の湯船も用意されています。1時間3GELのお手頃価格の公衆浴場から1時間30GELの豪華な個室風呂まで用意されています。タオルは有料で借りる事ができ、アカスリやマッサージなどの有料サービスもあります。
<温泉街の基本情報>
住所:8/1 Ioseb Grishashvili St, Tbilisi
電話番号:+995-593-98-0558
営業時間:8:00〜22:00
定休日:なし
料金:個室風呂1時間30GEL〜(浴場により料金は異なる)
アクセス:メトロ駅メトロ駅アヴラバリから徒歩5〜6分

絶景堪能できる「ナリカラ要塞」

写真:大川原 明

トビリシを観光で訪れる人々が必ずといっていいほど訪れるのが、旧市街を見下ろすナリカラ要塞です。4世紀、ペルシャ帝国時代に建設されたのが始まりで、その後、ウマイヤ朝やモンゴル帝国、オスマントルコ帝国などの支配時に拡張されていきました。非常に堅固な要塞で荘厳さを感じ取る事ができます。

写真:大川原 明

要塞まではリケ公園内にあるロープウェイ乗り場からロープウェイ利用か徒歩です。お薦めとしては上りはロープウェイ利用、下りは徒歩です。要塞からの景色は抜群でトビリシの美しい旧市街を見下ろす事ができ、トビリシ訪問の際は必訪です。
<ナリカラ要塞の基本情報>
住所:Narikara fortress,Tbilisi
営業時間:24時間
定休日:なし
入場料:なし(ロープウェイ利用料は1回2.5GEL)
アクセス:メトロ駅アヴラバリ駅近くのロープウェイ乗り場からロープウェイ利用

トビリシの中心的教会「シオニ大聖堂」

写真:大川原 明

メテヒ教会と同じく訪れていただきたい教会がシオニ大聖堂。6世紀に創建されたトビリシの中心的教会で、長い間ジョージア正教会の総本山でした。戦乱に遭い何度かの再建を重ねて、現在の建物は13世紀ごろに造られたものです。シオニの名はエルサレムのシオニ山からとられています。教会の祭壇に向かって左側には、ジョージアにキリスト教を伝えた聖ニノの十字架が飾られています。

写真:大川原 明

シオニ大聖堂とゴルガサリ広場の間はカフェ・レストラン街となっており、お洒落なカフェやレストランが多くあります。テラス席を設けているお店が多く、天気の良い温暖な日にはテラス席を利用しましょう。また、お土産屋も多くあるので、お土産を購入したい方にもお薦めの場所です。
<シオニ大聖堂の基本情報>
住所:3 Sioni St, Tbilisi
電話番号:+995-32-298-8953
営業時間:9:00〜20:00
定休日:なし
入場料:なし
アクセス:メトロ駅タヴィスプレビス・モエダニから徒歩7〜8分

お薦めのジョージア料理レストラン「マスピンゼロ」

写真:大川原 明

お薦めのジョージア料理レストランは、温泉街の近くにある「マスピンゼロ」です。店内は広々としており綺麗で清潔、親切で英語ができる従業員が多く、お手頃価格でジョージア料理が堪能できます。テラス席も設けられていますので、天気の良い日はテラス席での食事もよいでしょう。

写真:大川原 明

ジョージアのお薦め料理は国民食の1つとなっている「ヒンカリ」です。中国の小籠包に似た水餃子で、普通の餃子の2倍程の大きさ。中に肉やジャガイモ、キノコ、チーズなどの具材を入れますが、非常に美味です。

写真:大川原 明

ヒンカリと同じくお薦めなのが、ジョージア料理で人気のチーズ入りパン「ハチャブリ」。パンは発酵後にさまざまな形に成形されます。チーズを使用し、半熟状態の卵をのせるのが特徴です。チーズにはフレッシュチーズや発酵チーズ、スルグニと呼ばれるチーズを使用します。チーズの酸味と卵の黄身の甘さが上手く融合し、非常に美味です。
<マスピンゼロの基本情報>
住所:7 Vakhtang Gorgasali St, Tbilisi
電話番号:+995-32-230-3030
営業時間:24時間
定休日:なし
アクセス:メトロ駅アヴラバリから徒歩7〜8分

トビリシおすすめ名所まとめ

いかがでしたか?旧ソ連構成国の一国であるジョージアの首都のトビリシ。市内には、今回、紹介できなかったお薦めの名所が数多くあります。また、トビリシは近郊のムツヘタや軍用道路、カズベギまで行く拠点都市ともなります。日本とジョージア間の直行便は就航しておらず、トビリシに来るには他国経由となりますが、利便性から中東経由がおすすめです。
2020年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
マスピンゼロ公式サイト(外部リンク)
http://www.mgroup.ge/mgroup/eng/restaurants

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
大川原 明

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

オリコントピックス