人気YouTuberヴァンゆん歌手デビュー、「借金800万でも目指し続けた」“サフレ”として叶える互いの夢

「ラ・ラ・ランデヴー!」で歌手デビューを果たしたヴァンゆんの2人

「ラ・ラ・ランデヴー!」で歌手デビューを果たしたヴァンゆんの2人

 YouTubeチャンネル登録者数223万超、動画総再生数11億回で、若年層から圧倒的な支持を得ているの美男美女YouTuberコンビ・ヴァンゆん。最近ではテレビやファッション誌にも多数出演する彼らが、「ラ・ラ・ランデヴー!」で12日歌手デビューを果たす。ヴァンビは元V系バンドボーカル、ゆんは元アイドルで、かつては音楽の舞台で夢を抱いていた2人だが、その夢が実現した今、この“破竹の快進撃”をどう捉えているのか。友達同士・サクセスフレンド=“サフレ”を自称する2人が抱える悩み、コンプレックス、そして夢と野望について直撃した。

「お互いがお互いの“ジーニー”に」2人だから叶えられた夢

  • ヴァンビ

    ヴァンビ

――アーティストデビューおめでとうございます! 

【ヴァンビ】僕は元バンドマンで、ゆんちゃんは元アイドル。2人とも、挫折して途切れてしまった夢を、曲がりくねった道を歩むうちに、再び“夢への道”に合流することができたというのはとても感慨深いです。

【ゆん】一度は諦めかけた音楽の道。ヴァンビくんやファンや視聴者さんとも出会ってコンプレックスを乗り越えていって、デビューを迎えられたのは本当にうれしいです。

――昨今、ゆんさんはテレビ出演も増え、過去のインタビューでは「ヴァンビ君のおかげでマルチタレントになりたいという夢の足がかりを作れた、次はヴァンビくんの歴史に名を刻みたいという夢を叶える番」とおっしゃっていました。

【ゆん】マルチタレントになりたいという学生時代からの夢を持って上京しました。そしてヴァンビくんに出会い、YouTubeも波に乗るようになった。最近ではテレビ出演も…。ヴァンビくんは当時から私の「(アラジンの)ジーニーになる」って、ずっと背中を押してくれて自信を持てるようになったんです。ヴァンビくんの夢って大まかで「歴史に名を刻みたい」と言っているんですが、今度は私がヴァンビくんのジーニーになれたら、と思っています!
  • ゆん

    ゆん

――そんなお2人が作詞も担当した「ラ・ラ・ランデヴー!」について教えて下さい。

【ヴァンビ】僕らがYouTubeでやっているような、人に笑顔や元気を届けられる曲を意識しました。「過去最高自分アップデート日々日々更新」という歌詞は僕らの今の想いを反映しているほか、「ダルい」「エモい」といった若者言葉もふんだんに。等身大を感じてもらえるよう作詞しました。

【ゆん】実は私、(フィリピンとの)ハーフなんです。肌が地黒で悩んだりしているからそれを活かした、悩みを抱える女の子の等身大の歌詞を詰め込みました。あと、お互いがソロラップをやっているのですが、男女のコンビだからこそ、男女の友達同士がカラオケで掛け合いをしても楽しくなれたらいいなって。ナルシストな男の子・ヴァンビくんに対して私がずっと突っ込んでいるみたいなラップもあるので。

――友達同士で歌うと2人が“サフレ”になる可能性も…?

【ゆん】はい♪ サフレ製造曲です!
  • ゆん

    ゆん

  • ヴァンビ

    ヴァンビ

YouTubeの成功とアーティストデビューは「挫折した道で得た経験が生きた」

  • ゆん

    ゆん

──大変だったことは?

【ヴァンビ】久々のレコーディングで、過去に歌をやってたと言えど声が出なくて(笑)。2人でボイストレーニングに通ってましたね。

【ゆん】MVではいっぱいロケもしたし衣装もたくさん。ダンスパートもあって、若い子が私たちみたいな男女の関係に憧れてくれるといいなと思って真似しやすそうな振り付けを入れました。

【ヴァンビ】踊るシーンを撮るギリギリまで振りが決まってなくて、色々考えて、試行錯誤して最終日当日でやっと決まって撮影したんですけど、振りがそこで変わるから、その場で覚えたりもしましたね。
  • ヴァンビ

    ヴァンビ

――なんかYouTuberっぽいですね、直前で即興みたいな。

【ヴァンビ】ギリギリまでクリエイター同士のぶつかり合いみたいなこともあったんです。

【ゆん】その場で決まった振りをちょいちょい変えたりもしたんですよ。やっぱり即興でいいものが出てくるから(笑)。

【ヴァンビ】結果、MVの撮影が24時間ぶっ通し、…みたいになっちゃったよね(笑)。

――2人のクリエイティブ魂が爆発したと。それはやはりお互いの過去が関係を?

【ヴァンビ】もともと僕はバンドをやっていたんで全部、自分たちでやらなきゃいけない。その自己プロデュースの経験がYouTubeでも役立った気がします。自分を客観視して何を求められているのか考えるというか。

【ゆん】私もアイドルをやっていて、グループを客観的に見て自分の立ち位置を見つけたり、人気のある先輩たちがライブ出演していて「ライブでは勝てないな」と思って生配信を始めたりだとか。どうやってファンを増やそうかと毎日考えていたので、それはYouTubeでも生かされています。

マルチな活躍を見せる2人の目標「テレビとYouTubeの間にある“壁”を取り除きたい」

  • ヴァンゆんの2人

    ヴァンゆんの2人

――お2人は結成2年半で夢を次々と叶えています。振り返っていかがですか?

【ヴァンビ】たった2年半でこんなに人生変わるの? …っていうのが正直な感想です。ジェットコースターみたいなすごい勢いで進んできたなって。

【ゆん】180度変わったよね。ヴァンビくんに出会うまではアンチコメントに悩まされたりもしたし、マルチタレントの夢をずっと諦められなくて借金800万円とかのどん底も味わって、それでも夢を追い続けました。自分のことは自分が信じてあげなきゃいけないなって改めて思うんです。

【ヴァンビ】2人とも夢を諦めきれず細い糸をつないでつないで、やっと地上に出られた、いわば、セミの人生(笑)。ただ僕は現状に満足できないタイプ。常に先を見ていないと気がすまない。もっと先へ行かないと「歴史に名を刻む人物」にはなれない。そういう意味では終わりないマラソンを走っているような気分です。

ヴァンゆんの2人

ヴァンゆんの2人

  • ヴァンゆんの2人

    ヴァンゆんの2人

――今後の夢は? 今年2月頃、ヴァンビさんは「武道館に立ちたい」とおっしゃっていましたが。

【ヴァンビ】おこがましいようですが、バンド時代から死ぬまでに一度日本武道館に立ちたいと思っていました。あの大きな舞台で一体感を作れるようなアーティストなりたいです!

――「現状に満足しないタイプ」とおっしゃってましたが、ということは日本武道館が達成したら次は…。

【ゆん】世界になっちゃうかもね(笑)。

【ヴァンビ】そうですね。夢はしっかり口に出していかないと! 今まで僕らはそうやって来て、ここまで来られたわけだから。あとは「歴史に名を残す」という意味では、最も近いのはギネス記録。なので今年は何らかの記録に俺の名を載せたいと思います!

――今年はもう2カ月しかありませんが(笑)

【ヴァンビ】ですよね(笑)。来年にしましょう! 今年はあきらめましょう(笑)。
  • ヴァンゆんの2人

    ヴァンゆんの2人

――最後にメッセージを。

【ヴァンビ】お互いに音楽活動をやっていて、夢破れYouTubeに望みをかけた。そんな僕たちが出会ったのは運命かもしれないね。世界を目指して頑張ります(笑)。

【ゆん】そうだよね。…音楽で日本武道館の次に世界を目指すとなったら、今のうちに私も準備を進めないと(笑)。まずはYouTubeを海外の方に見てもらえるよう英語字幕をつけたりして、ワールドワイドにしていきたい。あとは、今、YouTubeとテレビの間には壁があるように感じるんです。テレビを観る人はYouTubeを観ない。逆にYouTube派…若者はテレビ離れが進んでいる。私はテレビっ子なのでそれがちょっとさみしい。YouTuberにもいい人も悪い人もいて、悪い部分がピックアップされがちなので、私たちを通してそのイメージを変えていって、テレビとYouTubeの壁を取り除きたいと思っています。

(文/衣輪晋一)
★ヴァンゆんチャンネル公式Twitter
★ヴァンビ公式Twitter
★ゆん公式Twitter
★ヴァンゆんYouTubeチャンネル
★公式プロフィール

★「ラ・ラ・ランデヴー!」ダウンロードはこちら

ヴァンゆんの2人

ヴァンゆんの2人

【ヴァンゆん】
2018年活動開始、元V系バンドマン”ヴァンビ”と、元アイドルの”ゆん”による美男美女YouTuber。男女ならではの、ドッキリや大食い、顔面に糊を塗ってみたりと、そのルックスからは予想もできない体を張った楽しい企画が満載。さらには、撮影スタジオに薔薇の花で埋めつくす、人工雪、風船3,000個を敷き詰めるなど、海外のYouTuberにも負けない大型企画を連発するなど、まさに日本を代表するトップYouTuberの1組である。動画の平均再生回数は100万回を越え、 最近では、テレビ、ファッション誌にも多数出演する、今話題のインフルエンサー。
Sponsored by ソニー・ミュージックレーベルズ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索