• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 朝日奈央、“NGなしタレント”の矜持「でも、イエスマンにはならない」

朝日奈央、“NGなしタレント”の矜持「でも、イエスマンにはならない」

 近年、元アイドリング!!!でタレントの朝日奈央の活躍がめざましく、10月から初の冠番組をスタートさせるなど、バラエティ番組に引っ張りだこ。どの番組にもNGなしで、全力で笑いを取りに行く姿を見せている。そんな朝日と芸人のバカリズムがMCを務め、アイドリング!!!メンバーが再集合する番組『バカリズム特番』が、グループの解散からちょうど5年後の10月30日に生放送される。その背景には、朝日の活躍があってこそ。グループ解散後は仕事が全然ない日が続き、「しょっちゅう泣いていた」というが、ブレイクの突破口となったのは何だったのか。朝日にこの5年間の軌跡を聞いた。

心弾ませ入ったアイドリング!!!、解散は「正直、やりきった感があった」

━━10月30日、5年ぶりに元アイドリング!!!のメンバーが集結するそうですね。

【朝日】当日、何人来られるのかまだわからないのですが、これまで大人数で集まる機会がなかったので、本当にうれしいです!アイドリング!!!って、結婚している人や子どもが生まれた人が多いので、当時とは違う雰囲気のメンバーに会えることもすごく楽しみです。

━━グループを誕生させたバラエティ番組『アイドリング!!!』は、アイドルが体を張る演出の先駆けでした。当時、番組に対してはどんな印象を持っていましたか?

【朝日】オーディションを受けたとき、「鼻にどんぐりを入れたり、体を張ったりするけど大丈夫?」って言われて、なんて楽しそうなグループなんだと(笑)。アイドルってずっと可愛くしていなければいけないイメージがあったので、そうではないグループなら入りたいしやりたい!って思いました。

━━実際はいかがでしたか?

【朝日】最初は緊張して全然しゃべれませんでした。バラエティ番組1日5本撮りとかあって、気持ちも全然追いついてなくて、帰り道は毎日反省ばかりでしたね。初期の日記に「やってけないと思う。今後が心配」って書いたことを覚えています(笑)。でも、相撲企画とか自分が得意な体力系企画に挑戦するうちに、だんだん素の自分で感情丸出しでやれるようになって、それからはとにかく楽しかったですね。

━━では、2015年に解散が決まったときは悲しかった?

【朝日】中2から約8年間、アイドリング!!!で活動して、芸能界の厳しさもわかるようになっていましたし、アイドル戦国時代ともいわれていましたので、解散は自然な流れなのかなって思いました。ファンの方には申し訳ないけれど、正直、やりきった感がありましたね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索