デビュー35周年の浅香唯、独自のアイドル論を語る「ある程度は隠せた80年代と違い、今の方が大変」

 約4ヵ月間で体重マイナス8.8キロの減量に成功し、注目を集めた浅香唯がデビュー35周年を迎えた。アイドルだった10代後半に衝撃の交際宣言後、活動休止を挟んで結婚、出産と1人の女性としての人生を歩みながらも、ステージで歌い続けている。アイドルや芸能界の在り方が変わりゆくなか、“奇跡の50歳アイドル”としての思いや、『ライザップ』のボディメイク挑戦や50歳の今について語った。

ダイエット企画に挑戦し、何かが変われたような気がした

──デビュー35周年記念のアルバム『YUI ASAKA 35th Anniversary〜君がずっと見ている〜』を発売。同作には、『ライザップ』のCMやミュージックビデオも話題になりましたが、80年代のキラキラした世界を閉じ込めたような約5年ぶりの新曲「LIGHT A SHINE〜月はずっと見ている」を収録。歌ってみていかがでしたか?

浅香唯 ひと昔前だったら「50歳の女性が歌う曲」のイメージにはないですよね。作詞作曲のSUNNYさんは私と同い年なんですが、曲を作っていただく前に「若い頃には50歳ってもっと“大人”だと思っていたよね」という話で意気投合したんですよ。

──いざ50歳になってみたら?

浅香唯 ぜんぜん必死にもがいているところもあるし、一方で「まだ自分に期待していたい」と思えるところもあって。よく「もう50歳」と「まだ50歳」の2つにわかれると言いますが、私とSUNNYさんは同じ後者の方向を見ていた。だからこの曲は、今の私の思いにとても合っています。

──ライザップへの挑戦も「自分への期待」を込めたものだったのでしょうか?

浅香唯 そうですね。歴史を刻んだ体型が美しくないとは、決して思わないんです。ただ50歳を目前にすると、どうしても気力が落ちてくるもので。ここで何か1つ頑張れたら、自信を持って50歳をスタートできるんじゃないかと挑戦させていただきました。

──プルプルのお腹を披露することへの抵抗感は?

浅香唯 もちろんありました。浅香唯として世に出る時は、「完璧に仕上げた姿しか見せたくない」という気持ちがずっと強かったので。でも、覚悟を持ってさらけ出すことで、自分のなかでも何かが変われたような気がしましたね。

──ボディメイク成功で、周囲からの反響はいかがですか?

浅香唯 それが意外にも、男性ファンからはビフォーが好きという声もあり(笑)。ママ友を始め女性は圧倒的にアフター押しなんですけど。でもそれも含めて周りの評価よりも「自分がどうありたかったか」だったので、私としては大満足です。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索