ドラマ&映画 カテゴリ

Amazon Prime Videoで2週間独占レンタル “おうち時間”だからより楽しめる『パラサイト 半地下の家族』

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 今年の第92回アカデミー賞授賞式で作品賞ほか最多4部門受賞の快挙となったポン・ジュノ監督による映画『パラサイト 半地下の家族』。公開当時は監督自らネタバレ厳禁を呼びかけ、その効果もあって観客は予測不可能な展開に大興奮。いまだ映画ファンによる熱狂が冷めやらぬなか、6月19日よりAmazon Prime Videoで2週間独占先行レンタル配信がスタートする。“おうち時間”が続く今だからこそ、より快適に楽しめる本作の魅力を紹介する。

“パラサイト沼”続出!?  鑑賞後にどっぷりハマる世界観

 『殺人の追憶』や『スノーピアサー』、『グエムル -漢江の怪物-』などの話題作を世に送り出したポン・ジュノ監督が、名優ソン・ガンホと4度目のタッグを組んだ『パラサイト 半地下の家族』。全員が失業中で半地下の住宅で暮らす貧しい家族と、IT企業を経営する超裕福な家族が出会ったことで、予想もつかない物語が展開していく本作。格差社会問題を扱いながらも絶妙なバランスでユーモアを織り交ぜ、更にサスペンス要素も盛り込んだエンタメ性の高い作品となっている。

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 公開時、ポン監督は「本作をご紹介頂く際、出来る限り兄妹が家庭教師として働き始めるところ以降の展開を語ることは、どうか控えてください」とネタバレ厳禁を呼びかけ、観賞した人もネタバレに関する言及をうまく避けながら、話題性を持続できたことが大ヒットした要因のひとつと言える。
  • 映画を見たら食べたくなる『チャパグリ』

    映画を見たら食べたくなる『チャパグリ』

 例えば、劇中のとある重要なシーンに登場するジャージャーラーメン(チャパグリ)。裕福なパク家の家政婦がインスタント麺に高級な牛肉を混ぜ合わせたジャージャーラーメンを作るのだが、“どんな味だろう? 美味しそうだな。食べてみたいな”と誰もが思ってしまうほど印象的なシーンなのだ。その味が再現できる韓国風ジャージャー麺の「チャパゲティ」と海鮮風味のピリ辛ラーメン「ノグリ」という韓国企業のインスタント麺は日本でもバカ売れし、芸能人やYouTuber、レシピサイトなどで「作ってみた動画」が多数投稿され話題になるなど、もはや本作を観ていない人までもが作って食べるという現象まで起きていた。おそらくジャージャーラーメンに興味を持って劇場まで足を運んだ人も少なくないだろう。
  • Zoomで配信されているバーチャル背景

    Zoomで配信されているバーチャル背景

 また、最近ではコロナによる外出自粛を受けてZoom用バーチャル背景がプレゼントとして提供され、パク社長の豪邸のリビングやダイニング、子供部屋、広々とした庭。さらに貧しいキム家の“半地下背景”やトイレ画像など、本作の重要なロケーションを背景にしてリモート会議やオンライン飲み会を楽しむ人が増えている。“パラサイト沼”にハマった人達にとってはジャージャーラーメンもバーチャル背景も作品の世界観に浸れる最高のアイテムであり、それによって外出自粛中も充実したおうち時間を過ごせていたのではないだろうか。
  • 劇中シーンカット

    (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

  • (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

    (C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

プライムビデオ独占、密なし&伏線回収しながら“おうちで”楽しむ

 5月の終わり頃から各地で緊急事態宣言が解除され始め、都内の映画館も再開したことから6月5日には『パラサイト 半地下の家族』のモノクロVer.、6月12日にはIMAXが公開されるなどまだまだ続きそうなパラサイトフィーバー。もちろん大きなスクリーンで作品世界にドップリ浸かるのもいいが、じっくり鑑賞したい人にオススメなのが家で気軽に観られる配信サービスだ。

 『パラサイト 半地下の家族』は6月19日よりAmazon Prime Video(以下、Prime Video)で2週間独占先行レンタル配信(価格 HD/4K:500円、SD:400円)がスタートするため、自身のタイミングでゆっくりと楽しむことができる。社会現象を巻き起こしただけあって様々な“パラサイト考察記事”が出ているが、そういったものを参考にしながら違った視点で観てみるもの面白いだろう。既に鑑賞済みの人も繰り返し何度も観られるのが配信の魅力と言える。

映画ファンの心をいまだ掴んでいる『パラサイト』(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

映画ファンの心をいまだ掴んでいる『パラサイト』(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

 Prime Videoでは昨年公開された大ヒット作の続編『アナと雪の女王2』や、同じく昨年公開され、興行収入と観客動員数が年間総合No.1ヒットを記録した新海誠監督の『天気の子』といった話題作から、洋画・邦画を含めた新旧の名作、人気の海外ドラマなどがラインナップされている。他の大手配信サービスと違ってAmazonプライム会員にならなくても作品ごとにストリーミング又はダウンロードして鑑賞できるのも嬉しいポイント。

 月額費用もなく、面倒な手続きをする必要もない。ワンクリックのレンタルで移動中にスマホやタブレットから視聴することも、Fire TV Stickをテレビに繋いで好きな時間に映画を視聴することも可能なのだ。更に視聴開始してから48時間後に自動でレンタル期間が終了するため、延滞料金が発生しないのも安心だ。

 この機会に是非『パラサイト 半地下の家族』のPrime Video独占先行レンタル配信を“おうち”でゆっくりと楽しんでみてほしい。

(文:奥村百恵)
超便利! 『Amazon Prime Video』のデジタルレンタルサービス
 Amazon Prime Videoでは、プライム会員なら追加料金なしの見放題対象作品だけでなく、プライム会員登録なしで、最新の映画などを1クリックでレンタルすることも可能。
 レンタル期間は、レンタルをスタートしたその日から30日の間であればいつでも視聴開始が可能なため、好きなタイミングで楽しめる。30日間で一度視聴開始をすると、48時間後に自動でレンタル期間が終了するため、延滞料金は発生しない。Amazon Prime Videoのアプリを利用すれば、対応するテレビ、PlayStation、Wii、モバイルデバイス、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、Fireタブレット、Apple TV、Chromecast、オンラインなどで、どこでも視聴することが可能。
 利用できるデバイスのリストは、下記サイトを参照。
 http://www.amazon.co.jp/gp/video/getstarted/(外部サイト)
『パラサイト 半地下の家族』(字幕版)はコチラ(外部サイト)
『パラサイト 半地下の家族』(吹替版)はコチラ(外部サイト)
『パラサイト 半地下の家族』(字幕版) (4K UHD)はコチラ(外部サイト)
Sponsored by Amazon Prime Video

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索