アニメ&ゲーム カテゴリ

70才の妻が妊娠…高齢初産・育児描くマンガに感動の声 ありえない設定は「幅広い読者の人生に重なるように」

 サラリーマン一筋の人生で定年を迎えた65歳の夫と、70歳という超高齢で初めて自然妊娠した妻。そんな夫婦の育児の奮闘を描いた人気マンガ「セブンティウイザン」シリーズが、4月5日よりNHK・BSプレミアムでドラマ化された。ありえない設定ながら、女性・男性目線の心境が丁寧に描かれ、高齢出産のリスクや男性の育児参加、周囲の人々の温かさなどもテーマに盛り込まれた物語に、多くの読者や視聴者が感動の声を寄せている。テーマ設定の背景とリアルな課題を浮き彫りにする物語について、作者のタイム涼介さんに話を聞いた。

心がけたのは、みんなの「あるある」「うちと同じ」エピソード

━━なぜ、70歳の初産というテーマで物語を描こうと思ったのですか?
【タイム涼介さん】40歳でも、50歳でも、60歳でもなく、70歳で初産という物語にしたのは、主人公の江月夫妻をあえて特定の誰かに似させず、「誰でもないけど、どこにでもいる人」にして、幅広い読者の人生に重なるように描きたいという理由からでした。

━━ありえない設定だからこそ、出産、子育てに関するリアルな心境も浮き彫りになっているようです。夫婦のキャラクター設定は、身近な方をモデルにされたのですか?
【タイム涼介さん】江月一家に起こるエピソードの多くの部分は、私自身の家族の体験が参考になっていますが、皆様が「あるある」「うちと同じ」と思えるエピソードになるように心がけています。

━━ドラマ『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』では、『セブンティウイザン』とその続編『セブンティドリームズ』が描かれています。放送後、どのような反響がありましたか?
【タイム涼介さん】反響は大きかったと思います。お話も映像も音楽も丁寧に作っていただいていますので、初めて作品を目にする方も、漫画をすでに読まれている方も、「主人公の気持ちがよくわかる」「涙が出た」という感想をSNSなどに書き込んでくださっているのをたくさん目にします。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索