アニメ&ゲーム カテゴリ

【コスプレビフォーアフター】メリハリボディは“個性”と話す美女「隠すようなものでもないし、あるからには見せる」

 テレビ番組や雑誌のグラビアページでも特集を組まれる機会が増え、“誰でも気軽に楽しめる趣味”として、幅広い層に浸透してきた感があるコスプレ。その魅力は、ウィッグや衣装を用意して好きなキャラクターになりきり、作品の世界観に没入できるところにあるという。今回はHカップボディを活かし、グラビアアイドルとしても活躍するコスプレイヤー・春野ゆこさんにインタビューを実施。コンプレックスを克服して、コスプレ活動に取り組むようになった経緯などを語ってもらった。

もともとコンプレックスだったパーツも、コスプレによって武器に

――Twitterのフォロワー数が10万9000人(2020年3月時点)と人気の春野さんですが、フォロワー数が増え始めたのはいつ頃からですか?

春野ゆこ初音ミクやボーカロイドが好きで、6年くらい前からコスプレをするようになりました。最初は宅コスやスタジオ撮影だけしていたんですけど、3年ほど前に友だちに誘われて、初めて参加したコスプレイベントで、大勢の方に写真を撮っていただいたのがきっかけで、一気にフォロワーさんが増えました。

――春野さんといえば、セクシー系のコスプレをされることも多いですよね。

春野ゆこHカップは私の武器でもあるので、活かした衣装を着用することは多いですね。でもコスプレを始めるまでは、胸の大きさにコンプレックスしかなくて。普通の格好をしていても、ちらちらと見られることが多かったので、出かけるときは和装ブラで胸を潰すのが当たり前になっていたんですよ。

――そこから一転した理由とは?

春野ゆこ『奈良スパリゾートコスプレ』という、プールでコスプレ撮影ができるイベントがあるんですけど、どうしてもそのシチュエーションで撮影がしたくて。『僕は友達が少ない』の柏崎星奈の水着衣装で遊びに行ったんです。それで「今回は水着だし、隠さなくてもいいか」と思って写真をアップしたら、ものすごく反応がよくて。褒めてくれるコメントも多かったので、前向きに受け止められるようになりました。

――現在はコスプレに加え、グラビアアイドルとしても活動されていますが、こちらはどういった経緯で取り組まれることになったのでしょう?

春野ゆこもともと、いろんなことに挑戦したい…という気持ちがあって。偶然、仲のいいレイヤー友だちに、グラビア活動をしている子が多かったので、「だったら私もやってみたい!」と思い、自分からDVDメーカーに売り込みに行きました。

――行動力がすごいですね! コスプレイヤーとしての撮影と違う部分はありますか?

春野ゆこまず、化粧の薄さに驚きました(笑)。コスプレのときはカラコンを入れて、つけまつ毛もがっつり用意して、そのキャラクターになりきるメイクをしていましたが、グラビアDVDの場合は、ほぼすっぴんに見えるようなナチュラルメイクだったので、「これで隠しきれる!?」と不安になりました (笑)。

どんなに忙しくてもイベントに参加「大勢の方に写真を撮ってもらうのは楽しい」

――もともとは大阪で活動されていたそうですね。

春野ゆこ2019年の7月に上京しました。大阪在住のころから月に2回くらい、東京には撮影会などで遠征していたので、交通費や宿代を考えると、こっちに住んだほうが効率がいいなと思ったんです。ずっと実家暮らしで、そろそろひとり暮らしをしたいとも考えていたので、良いタイミングを探していたんです。

――現在の活動はどんなものが多いのでしょうか?

春野ゆこ撮影会やコスプレROMの販売のほか、カフェイベントを開いたり、飲食店の一日店長として呼んでいただいたり…という活動が多いですね。あと、『ファンティア』というサイトでファンクラブを作ったので、そちらに写真や動画も投稿しています。

――かなりお忙しそうですが、休みの日はどう過ごされているのでしょう?

春野ゆこ最近、YouTubeチャンネルを開設したので、そちらにアップする動画の撮影や編集をして過ごすことが多いです。
――まさに休みなしですね。そこまで忙しいと、趣味でコスプレをする時間はないのでは?

春野ゆこ予定は詰まり気味ですが、コスプレイベントは大好きなので、どんなに忙しくても、大型イベントには必ず参加するようにしています。昨年末の『コミックマーケット97』でも、純粋にコスプレを楽しみたくて、サークル参加とは別の日にも行きました。『アズールレーン』のシリアスのコスプレをしたんですけど、そのときも大勢の方に写真を撮ってもらえて、“やっぱりコスプレって楽しいな”と再確認しました!

――シリアスの衣装も、胸元が強調されたセクシーなものでしたが、コスプレイヤーとしてのご自身の強みは、やはりそうしたスタイルの良さだとお考えですか?

春野ゆこ強みというよりは個性ですね。「隠すようなものでもないし、あるからには見せよう」くらいの軽い気持ちで取り組んでいます。
――プロポーションを維持するために気をつけていることはありますか?

春野ゆこ運動は苦手なので、なんとか食事に気をつけることで維持しよう…と思っていたんですけど、最近はジムに通うことも検討しています。体を絞るというより、お尻にボリュームをつけたいんですよ。以前から、胸のわりにはお尻が小さくて、アンバランスな体型なのが気になっていたので、ジムに通うようになったら、まずはそこから改善していきたいですね。

――貴重なお話、ありがとうございます。それでは最後の質問になりますが、春野さんにとってコスプレとはどんなものでしょうか?

春野ゆこもともと無趣味だった私が、やり甲斐を持って取り組めていて、なおかつそれが仕事にもなっている。なんだか不思議な感じですが、「毎日を楽しく過ごせているのはコスプレのおかげだな」と思っています。私にとってコスプレは“人生を豊かにしてくれるもの”ですね。
取材・文/ソムタム田井
春野ゆこTwitter:@yukotin39
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索