• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 『ルパンの娘』で“ミュージカルロス”生んだ世界的ダンサー、大貫勇輔が見る日本のミュージカルの現在地

『ルパンの娘』で“ミュージカルロス”生んだ世界的ダンサー、大貫勇輔が見る日本のミュージカルの現在地

 先日最終回を迎えた、深田恭子主演のドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)。ヒロインの三雲華(深田)の前に突然現れ、ミュージカル調で歌い踊る円城寺輝(大貫勇輔)は、SNS上でも「めっちゃ飛び道具」「面白すぎる」と盛り上がり、ミュージカルシーンがない回や最終回の放送後には「円城寺ロス」「ミュージカルロスになりそう」と囁かれるほどの話題に。その舞台裏や日本のミュージカル事情について、円城寺を演じた世界的ダンサー・大貫勇輔に直撃した。

役作りは「妖精みたいに」“おふざけを真剣にやる”ユーモアの塩梅を研究

――ドラマの反響はいかがでしたか?
大貫勇輔街を歩いていると「あ、円城寺だ!」と呼び捨てで呼ばれる現象が起きました。以前はファンの方から握手を求められることはあったのですが、「僕は円城寺として認識されているんだな」というどこかうれしく、そして不思議な感じもしました(笑)。

――円城寺は、原作にはないキャラクターですよね。
大貫勇輔プロデューサーや監督、脚本の先生が毎回素晴らしいシーンを作ってくださって。最初に、「円城寺」は“炎上するキャラクターになってほしい”という意味が込められていると言われてプレッシャーを感じました(笑)。テレビドラマでミュージカルシーンで毎回登場する人物なんてなかなかいないので、そんな冒険・挑戦を僕に託してくださったことにも感謝です。でも、最初に台本を見た時は実はすごく不安でした。

――不安?
大貫勇輔台本には「ここで歌い踊る」。文字だけで見るとどんなキャラクターかわからなかったので監督に聞くと「妖精みたいにしてほしい」と(笑)。妖精といわれても、どんな妖精なのか。でも衣装合わせのときに、あのド派手な衣装を着せていただいてようやく「ああなるほど、こっちの方向性か」と。実際に音楽が届き、役が見えてきた感じです。

――それが“炎上”どころか、ここまで愛されるキャラクターに。
大貫勇輔全体的にふざけたドラマじゃないですか(笑)。そこで僕が一切ふざけず真剣に演じることでギャップが生まれる。深田さん演じる華がものすごく普通にお芝居されるけど、僕がいることのギャップが面白みを生むと監督もおっしゃっていたし、僕もそう思ったので、ひたすらにミュージカル芝居を真剣にやるという感じでした。
――その真剣さが、逆に独特のユーモアを生んでいたのですね。
大貫勇輔段々慣れて僕も遊び始めて、リハーサルではしなかったけれど本番で、去り際にくるっと回るアドリブを入れてみたんです。それは現場で妙にウケましたね。ですが、同じように別のシーンでやったら監督から「今のはタイミングがあざとい」と。本当にちょっとのことであざとくなるのでその塩梅を研究しながら演じていました。

――舞台とドラマのお芝居とのギャップは感じますか?
大貫勇輔僕はダンサーですので、普通にしてても背筋を伸ばして胸を張った姿勢になってしまう。過去の他作では「もう少し姿勢を悪くして」といわれたりしていたのですが、『ルパンの娘』では逆にこの所作が求められた。封印していたのが一周回って今作で復活できたといった感じですね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索