• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 趣味
  • 「才能の塊では」3歳の甥っ子のために作った“紙工作”のレベルに賞賛の声

「才能の塊では」3歳の甥っ子のために作った“紙工作”のレベルに賞賛の声

 先日、「引きこもりの弟がなんか作ってたから観てあげて〜!」というツイートと共にUPされた動画が8.2万リツイート、33.4万いいね!を記録し、見事にバズった。そんなツイートをしたのはPORCOさん。もうすぐ3歳になるという甥っ子のためにPORCOさんの弟が制作した、ビー玉が転がる迷路の様な“紙工作”を撮影したものだ。そのクオリティーの高さに「なんだ、ただの天才か」「才能の塊」というコメントも。ツイートをした兄のPORCOさんと、制作をした弟に話を聞いた。

今回の作品で、弟のことをよく知ることが出来た

 公開された“紙工作”の動画は、およそ素人が作ったとは思えないほどのクオリティーを誇っており、転がるビー玉をいつまでも見ていられるほど。TwitterにUPしたPORCOさんは、ここまで反響があると思わなかったと語る。

――弟さんの“紙工作”がバズったときはどんな気持ちでしたか?

PORCOびっくりしました! みなさんのコメントが暖かくて、うれしかったです!

――今回の“紙工作”を初めて見たときの感想を教えて下さい

PORCO「すごい! そんなこと出来たんだ!」と、本当に驚きでした。

――今回の“紙工作”に関して、弟さんにはどんな感想を伝えましたか?

PORCO面白い! 形も美しい! すごいよ! と。Twitterのみなさんのコメントもスクリーンショットを撮って送りました。弟は、「投稿した動画の撮り方が上手なんだよ、近くでみるとゴミだよ…」と謙遜してました(笑)。

――弟さんは、昔から手先が器用だったのでしょうか?

PORCOたぶん昔から器用だったと思うのですが、弟が小学生くらいのときまでしか一緒に住んでいなかったので、正直あまり覚えてないんです…。何が趣味かも知らなかったです。大学が理系だったと思うので、作り方の基本みたいなものは分かっているんじゃないでしょうか?

――PORCOさんにとって、弟さんはどういった存在でしょうか?

PORCO不思議な弟でした。今回の作品をみて、弟の好きなことや得意なことが分かり、うれしく思うと同時に、弟との血の繋がりを感じました。

――ご自身のツイートで、“引きこもりの弟”とつぶやかれておりましたが。

PORCO今回のツイートの反応で、“引きこもり”の意味の大きさに気づかされました。働かないで家にいる、という意味で使ってしまいました。どちらかというとニートという意味でした。

すべては甥っ子のため「YouTubeで勉強して作りました」

 1年半ほど前から紙工作を始め、専門的な勉強をした訳ではないと語る弟。YouTubeで作り方を学び、今作以外にもいくつか紙工作作品があるという弟が作品を残す理由は、自分のためではなくかわいい甥っ子のためだという。

――今回の“紙工作”を作ろうと思ったきっかけ、制作期間はどれくらいですか?

単純に甥っ子と楽しく遊ぼうと思ったからです。制作には2〜3週間くらいかかりました。

――今回の“紙工作”を作る際に大変だったこと、気をつけたことは何ですか?

大変だったことは正直ないです。気をつけたことは、カーブのラインをきちんと作ることに気を配ったことです。

――“紙工作”を見た人たちからの声は、どういったものが多かったですか?

専門的な方から頂いた意見はとても参考になりました。

――“紙工作”はどの様に勉強したのですか?

YouTubeなどにUPされている動画を見て、独学で勉強しました。自由な発想でお手軽に出来るところに“紙工作”の魅力を感じます。

――他にどういった“紙工作”作品がありますか?

ビー玉転がし、乗って遊べるトーマス、被れるバズ、滑り台、トミカの車庫、消防署など、8点くらいあります。

――あなたにとって甥っ子さんはどういった存在ですか?

もうすぐ3歳になる、ただただかわいい甥っ子です。自分の作品で遊んでくれて、バタバタ興奮して喜んでジャンプしたりしている姿を見ると、嬉しくなります。今後も、甥っ子の成長に合わせて、喜んでくれるものを作っていきたいです。
INFORMATION
■PORCOさんTwitter:@PretaPorco(外部サイト)

【動画】いつまでも見ていられる… 神クオリティーを誇る紙工作

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索