アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • スポーツ
  • 鈴木亮平がパラアーチェリー・上山選手にツッコむ!? 「東京2020 大会」へ懸けるそれぞれの熱意

鈴木亮平がパラアーチェリー・上山選手にツッコむ!? 「東京2020 大会」へ懸けるそれぞれの熱意

 東京で開催される「東京2020 オリンピック」まで早いもので残り500日。パラリンピックまでも間もなく500日となり、メダル獲得を期待される選手に注目が集まっている。こうした中、「三菱電機東京 2020 オリンピック・パラリンピック イメージキャラクター」を務める俳優の鈴木亮平が、パラアーチェリーの上山友裕選手との対談を収録したWEBムービーが公開。「東京2020 大会」に懸ける思いから、アーチェリーを始めた不純な動機(!?)まで、男同士だから話せる熱い話が収められている。

「リオ以降ガラリと生活が変わった」 残り500日を日々実感

 三菱電機の社員でもある上山選手。「全国身体障害者アーチェリー選手権」で3連覇、「リオデジャネイロ2016 パラリンピック」では7位入賞と数々の実績を持ち、「東京2020 パラリンピック」でもメダル獲得が期待されている。

 過去に共演経験のある鈴木との対談は和やかなムードでスタート。まず鈴木が「東京2020パラリンピックまで、あと500日ですよ」と問いかけると、「リオ2016から東京2020まで半分過ぎたんだなって」と心の内を語った。リオ以降の生活がガラリと変わったという上山選手。「過ぎた日数を考えると後500日って、あっという間じゃないかなという気持ちです」と、日に日に身の引き締まる思いを実感しているよう。

 ちなみに、国内ではまだまだ観客が少ない大会が多いアーチェリーだが、競技としてのみどころを聞いてみると「(観客が)選手の気持ちに一番近づけるスポーツ」と上山選手。「パンと矢が放たれて、実況が得点を読み上げる。その瞬間、会場に一体感が生まれるんです」と熱く語る上山選手に、深くうなずく鈴木。実際にアーチェリーを体験したという鈴木も、上山選手の一言一言をかみしめ、「人間業じゃないと思いました」とアーチェリーの魅力にはまったようだった。

アーチェリーを始めたきっかけは「美人な先輩」!?

 さらに、鈴木はアーチェリーとの出会いを尋ねると、上山選手からは意外な返答が…。大学時代に、体験入部に参加した上山選手。

 それまで男子校だった上山選手は、担当してくれた美人な先輩の前でドキドキしながら風船割りを披露することに。成功すると、その先輩は「絶対センスあるわ、上山くん」と褒められ気分が高まったまま、入部を決めたそう。これには、鈴木も「動機が不純!」と笑いながらツッコんでいた。

上山選手は競技、鈴木は応援で「金メダル」を、男と男の約束

 対談の話題は、上山選手の「東京 2020 大会」での目標へ。「4年間言い続けるつもりで言っているんですけど、“満員の会場の中”金メダル」と力強く答える上山選手。“満員の会場の中”という言葉には、「自国でやるからには、試合に勝つだけでなく、大会を盛り上げるというのも選手としての責任だと思う」という、気合いが込められている。

 一方、上山選手からも鈴木に質問が。「東京2020パラリンピックをどういう風に楽しみたいか」を聞かれると、「見に行けるものは全部見てみたい。のちのち何十年自慢になりますからね、俺は東京2020パラリンピックを生で見た男だと」と答えた。

 その答えに対し、「そして、目の前で上山が金メダルを獲った瞬間を見たと?」とみずから切りこみ優勝に自信を見せる上山選手。「言うね〜!」と笑う鈴木だが、あらためて真剣な表情で「上山選手はアーチェリーで金メダルを獲っていただいて、僕は応援で金メダルを獲りますよ」と一言。最後は2人で固い握手を交わし、対談は終了した。果たして、2人の約束は果たされるのか。「東京2020」の見どころのひとつになりそうだ。
>>三菱電機東京2020スペシャルサイトをチェック

Sponsored by 三菱電機

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019