アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • コスプレ
  • 【コスプレビフォーアフター】人気Vチューバ―に扮した元チアリーダー「オタクは肩身が狭かった」

【コスプレビフォーアフター】人気Vチューバ―に扮した元チアリーダー「オタクは肩身が狭かった」

 世界に誇る日本のポップカルチャーとして、多くのアニメ・漫画ファンに親しまれている「コスプレ」。普段の自分とは異なる“別人に変身できる”点がコスプレイヤーたちを魅了して止まないという。そこで今回、元チアリーダーの美人コスプレイヤー・神代りおなさんに、仕事とレイヤーの両立、コスプレ活動への想いなど、その知られざる“素顔”を聞いた。

小さい頃から“妄想少女”「私は生まれつきのオタクでした」

――いまの職業を教えてください。
神代りおな今は学生をやっています。もともと根暗な性格ってこともあって、前に出るよりも、裏方の仕事に興味があって。それで、今は舞台メイクや特殊造形の勉強をしています。
――コスプレとも親和性がありますね。
神代りおなそうですね、今後も関わっていけたらと思っています。ただ、学費がめちゃ高くて大変です(笑)。だから、猫カフェでバイトしています。

――猫カフェ歴はどれくらい?
神代りおなもう1年半くらい。めちゃくちゃ猫が大好きで。どうしても猫カフェで働きたかったんです。家から遠いんですけど、働かせてもらえる秋葉原に通うことにしました。

――自分でも猫を飼っているんですか?
神代りおな捨て猫をもらって飼っています。白い猫でめちゃくちゃ可愛いんですよ。

――猫好きが仕事に繋がっているんですね。他に趣味などあれば教えてください。
神代りおな私って、多分生まれつきオタクだと思うんです。

――生まれつきって、よほどですね(笑)。
神代りおな小さい頃からずっとサブカル好きで。非現実的なことに興味が沸く子で、妄想ばかりして遊んでました。

――その影響で今も美術系に興味が向いているのかな。
神代りおなそうだと思います。当時から絵を描くのが好きだったし、アニメを見ていても、美術とかアニメーターさんのお仕事に興味が向いていました。そんな感じで“根暗”なオタクを今までずっと続けてます(笑)。

――学校ではアニメ好きの一面は見せていたの?
神代りおな学校ではそうした面は見せず、部活とかもバリバリやっていました。高校時代はチアリーディング部で、仲間を空中に放り投げていました(笑)。

――自分の中の“根っこの部分”はオタクだけど、学校では活発な生活を送ってたんだ。
神代りおなですね、ダンスも12年くらい続けていて、スポーツ系は嫌いではなかったです。

小中学生の頃は隠していた“根暗”な自分「今は素を解放している」

――自分がオタクだってことは、学校で大っぴらにしてたの?
神代りおな私が小学生の頃って、まだオタク文化が批判されていて、肩身が狭い思いしていたんです。

――一番つらかった時期はいつかな。
神代りおな小6から中学にかけての思春期の頃って、みんなちょっと背伸びをし出す時期で、それまで楽しんでいたアニメやゲームから距離をとろうとしたり、バカにしたりする風潮もあって。だから、みんなに上手に溶け込むためには、オタクだってことは隠すしかなかったんです。

――アニメやゲームが好きで、家にいるのが一番好きだったけど、学校では“スポーツ少女”を演じていたんですね。では、自分のサブカル好きとか、アニメ好きな性格を大っぴらにできたのはいつから?
神代りおなコスプレは小さい頃からちょいちょいやっていて、でもTwitterのアカウントとか作ってちゃんとやるようになったのはこの1年位ですね。初めて本格的にやったのが『Re:ゼロから始める異世界生活』でした。

――では最近になって、ようやく自分の趣味を世の中に発信できるようになったんですね。
神代りおなそれまでは、周りの人に合わせて“普通”を演じることが多かったけど、こうやってコスプレをするようになって、“根暗”な自分を解放できて楽しいです。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!